アダルトチルドレンの心のクセをチェック!拒絶・拒否に弱いあなたへ

 

日常生活の中で

あてにしていたり

期待していたことへの

 

拒絶や拒否で

心がズタズタになることって

多いのではないでしょうか?

 

これは、過去の経験からの影響で

「現実認知」への「先入観」が

悪さをしていることがあります。

 

例えば、スマホの番号に

電話をしたら繋がらなかった。

 

1度目は、呼び出し音が鳴っていたのに

次にかけ直したら

「おかけになった番号は、現在電源が入っていないか通話できない環境に。。。」と

自動アナウンスが流れた。

 

この時、あなたなら どう感じるでしょうか?

 

「あ、私からの電話だと気づいて拒否された!」

「私が話したいと思っていた気持ちを拒絶された!」

 

そう感じるかもしれません。

 

それは、なぜですか?

 

それは、あなたが

その相手に対して持っている

 

「先入観」や「思い込み」が影響しています。

 

「あの人だから、〜〜に違いない!」

「〜〜に決まってる!」という感じですね。

 

そして、自分一人で勝手に

ネガティブモードに入ってしまう。

 

でも、本当にそうでしょうか?

 

なぜ、そう思うのでしょうか?

 

それは、その瞬間までの

あなたとその相手との

過去の関係性が影響しています。

 

あなたが、その相手から

自分が拒絶され続けているという

経験が繰り返されていると

 

たとえ、目の前で起きていることが

拒絶を意味するものではなかったとしても

 

それは、あなたにとっては

すべて「拒絶」を意味するメッセージとして

心の中に入っていきます。

 

そして、状態を確認する前に

先に一人で傷ついてしまうので

相手からすると

 

傷つけるつもりはなかったのに

勝手に傷ついて怒っている

面倒くさい奴!と思われます。

 

そして、あなたは

「ああ、やっぱり嫌われてる!」

「どうせ、私なんて!」という

理解してもらえないモードに

気分がどんよりと落ち込んでいきます。

 

ここで、なぜ相手に対して

真偽のほどを確認する気が起きないのか?というと

 

過去に「結局そうだった」という

期待はずれだった経験が

あまりにも多過ぎたために

 

期待すること自体を手放してしまって

「どうせ〜〜でしょ!」と

突き放して考えることでしか

自分の傷つきを

防御できなくなってしまっているからです。

 

 

 

 この経験が強く影響するのは

親との過去の関係が大きいです。

 

これは、親が自分自身のことで

精神的に追い詰められていたり

いっぱいいっぱいな状態だった時に

 

子供が、親に受け取って欲しい

何らかの気持ちがあった場合

 

親子双方が、

そのタイミングを逃してしまいます。

 

受容と安心の心の環境を

構築し損なってしまうのです。

 

 

これは、親が準備万端整っている状態で

「さあ、いつでもおいで!」と

安心して子供に対して

両手を広げていられない家庭環境の場合は

頻繁に起こります。

 

母親が、夫からのDV被害を受けている場合や

母親自身が、生育歴からの生きづらさを

すでに持っている状態で

誰にも助けてもらえない環境が

長引いている状態などです。

 

母親が不幸だと、

子供に幸せな環境を与えることが

とても困難になってしまいます。

 

拒絶・拒否を感じることが

他の人よりも強いのが

アダルトチルドレンの心のクセです。

 

このクセがついたのは

親のせいではなく

親をそうした状況に追い込んだ要因が原因です。

 

子供のケアは

その親をケアしなければ

永遠に叶いません。

 

愛情を語れるのは

生活基盤が安定しているという

大前提があってからのこと。

 

 

不安定な環境で

愛してくれなかった!

愛せなかった!と

嘆くのは

 

戦争の真っ最中に

豊かな食卓を持たせてくれなかった

親たちは子供を愛していなかった!ということと

似ているかもしれません。

 

 

あなたが、もし心の底から

親を憎んでいるのなら

 

それほど過酷な環境に

あなたも親も飲み込まれていたということです。

 

あなたの家庭を助けてくれる支援が

何もなかったということ。

 

社会からの見捨てられが

あなたの家庭に悲劇を生み

 

あなたの心に

拒絶や拒否の恐怖を育てたのです。

 

 

あなたは、自分以外のことに

関心がありますか?

 

それとも、無関心ですか?

 

それが、社会の構造です。

 

 

心の目を、広く開いてくださいね。 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

アダルトチルドレン相談*メール受け付けます プロの専門カウンセラー24時間対応*アダルトチルドレン相談

アダルトチルドレンの電話相談受付ます どうしたらいいのかわからない気持ちをスッキリさせます

ページ上部へ戻る