カウンセリングに通えずに悩んでいるなら~無料相談を活用しましょう~今すぐ相談できる窓口リスト

あなたは、
「カウンセリングに行くほどではないけど。。」と
悩んでいませんか?

普段から、心理的なサポートを受けられる環境にない場合は、

少しでも心をケア・サポートしてくれる環境を多く利用するのが良い方法です。
お住いの地域の保健所などの情報(タウン誌やホームページ)などを調べると、

必ず無料相談のお知らせやおはなし会のお知らせが出ている筈です。

まず、そうしたところを利用して、

少しでも現在のお気持ちを

「聞いてもらうこと」の経験を増やしていってください。

人が辛くなる最大の原因は、

「ひとりで抱え込んで、誰にも打ち明けないこと」にあります。
親しい方に相談するのは、

逆にストレスや負担になることもあると思いますので、
そうした公共の無料の相談窓口を利用して、

「人に本音を話すこと」を繰り返してみてください。
そうすると、少しずつ確実に、心が軽くなっていきます。

カウンセリングに通って回復するのは、

カウンセリングで話を聞いてもらう回数を重ねることで、

心が安定していくからです。

 

解決の方法やハウツーを知ったからではありません。

方法やハウツー技術だけなら

本やネット検索した情報を読めば治るはずなのに、

 

いくら読んでも治らないのは、

実際に 誰かに本音を聞いてもらうことを

繰り返すことができないからです。

お気持ちが向いたら、一度試してみてください。
必ず、効果があります。

 

相談窓口の一例を表記します。

無料メール相談に対応しているところもあります。

無料電話相談窓口の一例
一般社団法人いのちの電話連盟 https://www.inochinodenwa.org/
一般社団法人 社会的包摂サポートセンター http://279338.jp/yorisoi/index.html
日本司法支援センター「法テラス」 http://www.houterasu.or.jp/index.html
引きこもり地域支援センター相談窓口リスト(厚労省) http://www.mhlw.go.jp/bunya/seikatsuhogo/dl/hikikomori05.pdf
10代20代の生きづらさを抱える女子のための支援「BAND」プロジェクト http://www.mhlw.go.jp/bunya/seikatsuhogo/dl/hikikomori05.pdf

 

こうした窓口で相談にのってもらい

繰り返し話を聞いてもらうだけで、大変 効果があります。

 

そして、より専門的な治療やケアを受けたいと感じたら

専門のカウンセリングを利用すると良いでしょう。

 

カウンセリングの場合、一度受けただけよりも

根気よく継続して受け続ける方が

より回復が早く、リバウンドもありません。

 

あなたにあった方法を

試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る