アダルトチルドレンの回復に大切な3つのこと

先日、久しぶりに家族カウンセリングを行いました。

 

家族カウンセリングを行ったあとは

回復が、より一層早まります。

 

あなたは、ご家族と一緒に

カウンセリングを受けられますか?

 

お母さんと、お父さんと

お子さんと、ご主人と

一緒にカウンセリングを受けることができますか?

 

いいえ、と答えた方。

 

それは、なぜですか?

 

あなたは、いつも

「私の気持ちを誰も理解してくれない!」と

悲しい気持ちでいっぱいです。

 

では、あなたは

お母さんの気持ちを知っていますか?

お子さんの本音を知っていますか?

ご主人があなたに見せていない姿を知っていますか?

 

それは、なぜですか?

 

あなたが、いくらカウンセリングを受けても

なぜか行き詰まってしまう理由の一つは

「一緒に生活している人たちのことを、本当は何も知らないから」というのも理由です。

 

家族カウンセリングを受けた直後は

「やっぱり、家族は私のことなんか何もわかってくれていなかった!」

「カウンセリングで、あんなに話したのに、やっぱりわかってくれなかった!」と

怒りの気持ちでいっぱいになる方があります。

 

また、話したために

家族と一緒にいるのが、

余計に辛くなった、という方もあります。

 

これは、なぜだと思いますか?

 

あなたは、今まで

ガッカリしたくなくて、

 

いつも自分の妄想の中で、

これから起きるだろうことを想像して

 

不安になったり、イライラしたり

悲しくなったり、怖くなったりしていました。

 

そして、そうなるくらいなら

我慢しよう、自分を抑えようと

 

これから起きるだろうと妄想したことから

回避するクセがついていたため

 

自分の妄想と重ならない現実を持て余してしまい

どうにもならず、イライラしてしまうのです。

 

あなたは、今まで

トラウマから逃れるために

 

自分が作り出した妄想の中の現実を

自分が生きている現実だと思っていました。

 

でも、その現実は

あなただけの現実なのです。

 

 

下の図をご覧ください。

 

精神疾患や心の辛さを治すためには

3つの柱が必要になります。

 

  • 精神療法
  • 環境調整
  • 薬物治療

この3つです。

 

  • 精神療法 は、カウンセリングや心理療法です。
  • 環境調整 は、家族・職場など、生活環境のすべてです。
  • 薬物療法 は、医療的な介助です。

 

薬物療法や病院については、拒絶反応を持つ方が多いですね。

 

「薬を飲みたくない!!」

「薬に頼りなくない!!」というのは

あなたの思い込みの部分もあります。

 

頭痛薬を飲むのや風邪薬を飲むのは平気でも

向精神薬や抗不安薬、入眠剤や導入剤に

抵抗を感じるのは、あなた自身が

 

「そんなものを飲んでいる自分はみっともない」

「そんなものに頼らなければならないのは惨めだ!」と

 

先入観を持っているから、というのもあります。

 

過剰な服薬は、副作用があり良くありませんが

適度な服薬は、治療回復の助けになります。

 

あなたが、その薬を飲みたくないのは

あまり信頼できない医師、

全然、気持ちを聞いてくれない医師が

処方した薬だから、というのもあるかもしれません。

 

そして、あなた自身が

「精神科に通っている人は、かわいそうな人」という

勝手な思い込みを持っているから、というのもあります。

 

本気で治したいのなら

キチンと通って治療を受けなければ治りません。

 

トラウマは、脳の傷です。

あなたの弱さとは無関係です。

 

 

 

環境調整というのは、あなたを取り巻く生活環境すべてを言います。

 

ということは、家族、職場もそうですが

実は、「あなた自身」も含まれています。

 

家族の中の誰か一人が

心を病んでいるときは、

 

実は、家族全員が心を病んでいます。

あなただけが、心を病んでいるのではないのです。

 

あなたを含めた

家族全体の環境調整が必要になります。

 

そのためには、家族カウンセリングが必要になります。

 

 

あなたの理解者がいないのは

あなたが誰にも打ち明けていないから。

 

その怖さを解消するためには

カウンセリングを利用するのが一番の方法です。

 

 

 

カウンセリングを受けることの効果は、3つあります。

 

  • 自分の気持ちを打ち明けられたという安堵感
  • 自分の考えを話すことで、改めて自分の気持ちや思いに気付く
  • 自分を取りまく環境について考え直すことができる

自分を大切にするということは

「今を生きる」ということです。

「今を生きる」ためには、「自分の今」を知ることが大切です。

悩んでいる時は、「自分の今」が見えなくなっています。

お気持ちの整理をしたい時は

いつでも、ご利用ください。

 

自分を大切にするということは

「今を生きる」ということです。

 

 

  1. 精神療法
  2. 環境調整
  3. 医療の介助

 

  1. 気持ちを打ち明けること
  2. 自分の考えを話すこと・改めて自分の気持ちや思いに気付くこと
  3. 自分を取りまく環境について考え直すこと

 

あなたは、今いくつまで、できていますか?

 

心は、一人では治せません。

 

 

その方法を、手に入れてくださいね。

 

 

 

 

宝石赤無料ダウンロード資料プレゼント宝石赤

あなたのアダルトチルドレンの悩みの正体がわかる!

 

【無料PDF】必ず効果を得られる

アダルトチルドレン・カウンセリングの上手な利用法

クリックベル

 

 8月4日(金)12時より*柏の葉サロン*アダルトチルドレンカウンセリング

 8月20日(日) アダルトチルドレン1Day集中カウンセリング@神楽坂サロン

 9月22日(金)柏の葉サロン*アダルトチルドレンカウンセリング
 

 お問い合わせフォーム

 ご意見・ご感想

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る