相手に気持ちをわかって欲しい!と思ったときに注意するポイント

あなたは、相手の人に

「気持ちをわかって欲しい!」と思うと

 

一生懸命に気持ちを伝えようとして

説得しようと、

必死になっていることはありませんか?

 

これは、

アサーションのテクニックにも繋がることで

 

相手の人に理解して欲しくて

一生懸命に説明している時の

あなたのことをビデオに撮って

確認してみるとわかるのです。

 

その時の、あなたって

ものすごく怖くて、威圧感があって

おっかない表情をしているのです。

 

知っていましたか?

 

自分がしゃべっている最中に

自分のことをビデオに撮るなんて

そんな器用なことはできませんよね。

 

それを確認するのに良い方法があります。

 

気持ちをわかってくれない人と話すときに

その人の背後にガラスや鏡や窓など

あなたの姿が映るものの前で

話すタイミングがあったら

ぜひ試してみてください。

 

何を試すの?というと

わかって欲しいと必死になって話している瞬間の

自分の顔を

その背後のガラスや鏡や窓などで

チラッと確認してみてください。

 

そうすると、あなたが

どんな表情で相手と話しているかがわかります。

 

けっこう、コワイ顔をして話していますよ。

 

私も、自分で驚いたことがあります^^;

 

 

これは笑い話ではなく

実は、脳科学の臨床実験で

立証されている事実なのですが

 

人間の脳は、会話の内容よりも

相手の表情から現在の状況を判断している

というデータがあります。

 

人間は、もともと会話の内容よりも

その場の雰囲気で

置かれた状況を判断して

認識する本能があるのです。

 

例えば、

「大好きだよ」という言葉を聞いても

 

相手の顔が険しかったり、

眉間にシワが寄っていたら

 

その「大好きだよ」という言葉は

聞いた人にとっては、

 

相手は「自分のことを大好きだ」と思っていない。

「本当は、大好きじゃないに違いない」

と感じさせてしまうのです。

 

これは、人間の生存本能に由来します。

 

赤ちゃんは、

生まれた直後は言葉を理解できません。

 

相手の表情から、

自分が置かれた状況を判断して

 

安全か危険かを判断するように

脳がプログラミングされています。

 

赤ちゃんが一番最初に覚えるのは母親の顔。

自分にとって一番身近な

自分の命を預けている相手の顔です。

 

そして、その母親の表情から

赤ちゃんは自分の生命の安全度を確認します。

 

これは、

言葉を使える大人になっても続きます。

 

人間は、相手の表情に

左右される生き物なのです。

 

カウンセリングで安心して話せるのは

カウンセラーが、あなたの話を

穏やかな表情で話を聴いてくれるから。

 

イライラしていたり、

険しい表情のカウンセラーに

安心して話なんてできませんよね?

 

それと同じです。

 

そして、あなたはそういう表情の

お父さんやお母さんを見ると

無条件に理屈ではなく

 

心の奥底が、ザワザワと

居心地が悪く、

嫌な気持ちになると思います。

 

そして、あなたが一生懸命に

自分の気持ちを伝えたくて

わかって欲しくて

必死に相手を説得しようとしている時の

あなたの表情は、

 

とっても怖くて、

相手にとって居心地が悪い状況なのです。

 

 

そういう時、相手の人は

脳の中で、交感神経が働いています。

 

闘争か逃走か? 

 

というモードに入っています。

 

あなたが、必死になって

相手にわかって欲しいと思えば思うほど

 

相手の人は、

逃げるか戦うかモードに入ってしまい

 

「もう、いい!しつこい!」と逃げてしまったり

「あなただって!」と

攻撃してきて口論になってしまったり。

 

それをお互いに繰り返しながら

相手に対してのトラウマを

どんどん育て続けているのです。

 

 

そして、あなたと向き合うこと自体

相手にとってストレスなことだと

思うように仕向けてしまっているのです。

 

 

では、どうしたら良いのでしょうか?

 

必死になって説得しなくても済む方法は

 

「相手に求めないこと」

 

それだけです。

 

 

「求めないこと」と「諦めること」は違います。

 

 

その方法は、

トラウマケアをすることで

改善することができます。

 

トラウマケアは、

継続して安心できる環境で

安心できる人たちと関わり

お互いの気持ちをシェアすることから

効果を得られます。

 

身近な場所で、そうした環境を

探してみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る