あなたの両親は、夫婦げんかをしていましたか?アダルトチルドレンが生まれる絶対環境

あなたが子供の頃、

ご両親が夫婦げんかをしているのを

見たことはありますか?

 

この夫婦げんかという行為。

 

アメリカでは、

3歳以下の子供の前で

夫婦げんかをした場合、

法律違反で逮捕されます。

 

外国のTVドラマなどで

夜、子供が寝た後に

ドアを閉めて

けんかをしている夫婦の姿を

見たことがあると思います。

 

幼い子供にとって

両親が夫婦げんかをしている環境に

さらされることは

虐待行為になるのです。

 

たとえ、子供に直接

何も虐待をしていなくても、です。

 

子供は、

自力で生きていくことができません。

 

ある程度の年齢になれば

家が気に入らなければ

出ていくという選択ができます。

 

でも、幼い子供は

両親のいる

家の中で生きることしかできません。

 

親の夫婦げんかというのは

子供にとっては

生きている環境への不安になります。

 

けんかの行方次第で

自分もさまざまな影響を受けるからです。

 

食事ができなくなったり

睡眠を妨害されたり

母親からの愛情を受け損なったり

父親からの保護を得られなかったり。

 

文字通り、

「命の危険」を感じるのです。

 

人間は、

ストレス環境にさらされ続けると

脳が変化します。

 

脳に傷がつくのです。

 

非常にストレス耐性の弱い脳になります。

 

ストレス耐性が弱いと

過覚醒状態が続きます。

 

過覚醒状態というのは

交感神経が興奮し続ける状態です。

 

いつもイライラしていたり

落ち着かなかったり

感覚的に不安だったり

 

不眠だったり

食欲不振だったり

免疫が低下して

病気になりやすくなったり。

 

いつも神経がピリピリしている状態です。

 

最近では、この状態を

HSPと勘違いしている方が多いのですが

 

HSPは、先天的な脳の障害。

夫婦げんかにさらされて

ストレス耐性が落ちた脳の傷は

後天的な環境原因です。

 

脳の傷は、

「発達性トラウマ障害」という

症状を引き起こします。

 

それが

あなたが感じている

アダルトチルドレンという状態です。

 

そして、子供の頃は

両親が言い争いをしていると

それを「夫婦げんか」だと

錯覚して記憶していますが

 

その、ほとんどは

DVであることが多いのです。

 

DVというと

夫から妻への暴力だと思われています。

 

殴られたり蹴られたり

ケガをさせられて

救急車騒ぎをしたり

警察が来たり。

 

それが、DVだと思われていますが

DVというのは

「家庭内における支配」をいいます。

 

たとえば、

「嫁なんだから!」と

母親や妻の家庭内の自由に

制限がかかっている場合。

それ、DVです。

 

妻が相談したくても

夫は、その相手をしない。

妻の存在自体が無視される。

これ、DVです。

 

母親なんだから

きちんと子育てしろ!と

育児すべてを押し付けられること。

これも、DVです。

 

毎月、決まった生活費しかもらえず

経済的な自由を奪われている。

これ、DVです。

 

夫が妻が嫌がるのに性行為を求める。

避妊に協力しない。

拒否されると外に女性を作る。

これ、DVです。

 

家庭内で、自分の自由意志を

我慢させられる支配関係。

 

これらは、すべてDVです。

 

そうした中で

妻が夫に自分の気持ちをわかって欲しくて

必死で訴えている姿。

 

これを幼い子供が見ると

「夫婦げんか」だと錯覚します。

 

そして、理解されないつらさの中で

生きている母親を

子供は、

「いつもイライラしていて

機嫌が悪い情緒不安定な母親」だと

受け取っています。

 

それが、

あなたが覚えている

母親の姿です。

 

そして、

なぜ父親がDV加害者になったのか?

それは、父親が生育歴の中で

心の傷を負っていたから。

 

つらかったからです。

 

幸せなら、お酒に溺れることもないし

妻の要求を無視することもないし

我を通せないとキレることもなかったのです。

 

DV加害者は、過去の人生で

被害を受けた人たちです。

 

子供を虐待する親も

不幸だったから

子供を愛情で包み込むことが

できなかったのです。

 

幼い子供は無力です。

その子の親も無力です。

 

なぜなら、誰も助けてくれないから。

 

あなたの両親は

夫婦げんかをしていましたか?

 

その本当の理由を、

あなたは、どこまで知っていますか?

 

あなたが受けた被害の上には

加害者が受けた被害がありました。

 

その被害を産んだ加害者も

被害を受けた人たちでした。

 

たかが、夫婦げんかだと、

どこの家でもやっている

当たり前のことだと

たかをくくっているのは

 

家制度の中で

女性は耐え忍ぶものだと

それを美学と勘違いして来た

日本民族の悲しい常識でした。

 

そんな日本でも、児童虐待防止法で

子供が親のDVを目撃することは

著しい心的外傷を与える言動であり

虐待であると法改正されたのは2004年。

 

今から14年も前のことです。

 

それとは知らず

子供たちの前で平気で

夫婦げんかをしている人の

なんと多いことでしょう。

 

あなたが、もし

子供の前で夫婦げんかをした

経験があるのなら

 

もう、子供は

心に傷を受けています。

アダルトチルドレンが

はじまっています。

 

どんなに、あなたが子供を愛しても

夫婦げんかを見せたことがあるのなら

 

今すぐに、

夫婦げんかの原因を見直さないと

子供は、あなたと同じ人生を歩みます。

 

ウソをついたり

かくしごとをしたり

自分をいつわって

本音の出せない子供に育ちます。

 

「ママは、あなたを愛しているわ」

そんな押し付けがましい態度ではなく

 

「幸せなママ」の姿を

大切な子供に見せてあげてください。

 

それが、本当の意味での

「子供を愛する」ということです。

 

重い母になるか、

あなたが本当に求めていた母親になるか。

 

それは、あなた自身の

人生の生き方にかかっています。

 

幸せな家族でいてくださいね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る