アダルトチルドレンの回復プロセスと男女差*解決したがる脳と理解を求める脳

あなたは、

カウンセリングに何を求めますか?

 

いきなり、そんな質問されても

困りますよね。

 

今日は、

カウンセリングの現場での

男性脳と女性脳の違いと

その回復過程のプロセスの違いについて

お話ししてみたいと思います。

 

カウンセリングには、

大きく分けると

二通りあります。

 

一つは、問題解決型。

もう一つは、共感型です。

 

問題解決型、というのは

簡単にいうと、

「どうしたら回復できますか?」という

方法や情報を身に付けることが

中心のカウンセリングです。

 

これは、認知行動療法や

アドラー心理学、NLPなど

メタ認知に対する再検証が中心のものです。

 

メタ認知というのは、簡単にいうと

「自分が出来事をどのように受け取る人か?」

その自分の認知能力の個性をいいます。

 

現実に対する自己判断に

どのようなバイアスをかけて

認知(受け取って)いるか、

 

現実と自分の中で受け取っていることの

整合性について、どのように

認知や行動に制御(コントロール)を

かけているか。

 

この「認知的操作」のことをいいます。

 

あ、難しいですかね^^;

 

一言で言うと、メタ認知というのは

「自分なりの物事の受け取り方のクセ」

そんな意味です。

 

問題解決型のカウンセリングの場合は

このメタ認知の確認作業が中心になります。

 

生育歴を確認して、

どのような物事の受け取り方のクセが

身についているのか?

 

どうして、そのクセがついたのか?

そのくせで自分を守ってきたことで

苦しんできた今までから

どのように抜け出したら良いのか?

 

これ、認知行動療法ですね。

問題解決型です。

 

男性の場合、

どちらかというと

この「問題解決型カウンセリング」が

好きな人が多いです。

 

セミナー、講座、講演会。

何十万円も受講費を支払って

「ああ、今日はいい話が聞けた!」

「今日の講演は、参考になった!」

「今日のワークは参加して良かった!」

 

そんな気持ちになるのに

いくらお金をつぎ込んでも

どれだけジプシーのように

講座を渡り歩いても

全然良くならない。

回復しない。

 

そうすると、

その講座には何か問題があったのではないか?

と思いたくなったり

もっと良い先生がいるはずだ、と

検索の鬼になったり

 

所詮、自分の生きている環境が悪い!

周りが変わらないのに

自分だけ無理して変わったところで

何の意味もない!

 

そんな虚しさが残るのではないでしょうか。

 

男性の脳は、

「問題解決」が好きな脳なので

「結論に至るためのプロセス情報」が

大好きです。

 

なので、問題解決型に

飛びついてしまします。

 

そして、人前で泣けるか!という

プライドも邪魔したりします。

まあ、これは人によりますが。

 

これに対して、女性の脳は

「共感」「理解されること」が大好きです。

 

そうすると

「こんなに私は、つらいのです!」

「わかってください!聞いてください!」

「こんなに苦しんで生きてきたのです!」

 

そうした語ることで

気持ちを受け止めてもらえたと感じる

その感覚が、まず欲しくて

たまらなくなります。

 

これは、女性の脳は

「集団の中での自分の居場所」

これを安定して維持することが

生存本能に直結した

対人関係への感覚だから。

 

つまり、女の人の脳は、周りから

「ウンウン、わかるわかる」と

いってもらえないと

理屈抜きで不安になるのです。

 

これ、本能なので。

 

そうした「共感」「理解」「受容」

これらを中心に行うのが

「共感型」のカウンセリングです。

「傾聴中心型」ともいいますね。

 

傾聴中心型は

別の言い方だと、

「来談者中心療法」ともいいます。

 

さて、前説が長くなりましたが

この「問題解決型」と「共感型」

 

アダルトチルドレンが回復するためには

どちらが適しているか?というと

「両方」です。

 

ただし、順番があります。

 

アダルトチルドレンというのは

トラウマ症状です。

 

具体的にいうと

「愛着不全による適応不全」

または、

「トラウマによるストレス反応」です。

 

愛着不全というのは

本来なら子供の頃に身についたはずの

「安心・安全・自己信頼」が

環境の影響で、うまく育たなかった。

 

そのために

「自己肯定感が低い」

「他者信頼ができない」

「自尊感情が欠落している」

 

そして、そういう自分の不安定さを

他者に悟られないように補いながら

必死で環境に自分を合わせようと

「適応」に努力する。

 

そして、人の目が気になったり

自分のあり方が不安になったり

、、という慢性的な

「生きづらさ」を感じて生きている。

 

この「生きづらさ」というのは

違う言葉を使うと

「適応障害」となります。

 

環境に適応しようと無理している状態。

環境への適応に

生きづらさ(障害)を感じている状態のことです。

 

では、どうしたら

アダルトチルドレンが回復するのでしょうか?

 

アダルトチルドレンは、トラウマ症状です。

解決方法だけ身につけても治りません。

 

それは、理論を知っているだけで

実践ができていないから。

 

では、何を実践すれば良いのでしょうか?

 

それは、「共感型」のカウンセリングです。

これは、カウンセリングを受けなければ

ならないということではなく

 

自分の気持ちに自然に共感してもらえる

その安心感や受容感を

繰り返し脳に送り続けて

脳に新しい安心経験を学習させること。

 

これが、まず最初に必要なことです。

 

話を聞いてもらいたい!

気持ちを聞いて欲しい!

 

女性の場合の落とし穴は

この「気持ちを聞いてもらえる快感」から

なかなか先へ進めないこと。

 

何時間も気持ちを話すので

スッキリはするけど

さて、これからどうしたらいいの?

 

そして、その不安な気持ちを

また話続けてしまう。

良くならない。

治らない。

 

いくら話を聞いてもらったって

治らないのよ!ダメなのよ!

カウンセリングなんて

何時間通ったって時間とお金のムダ!

 

で、また自分の殻の中に

戻っていってしまう。

 

男性脳は「解決方法」優先。

女性脳は「共感・理解」が優先。

 

過去にカウンセリングを受けて

「あのカウンセラー、全然

私の気持ち わかってくれなかった(-ε-)!」

 

そう感じた経験があるとしたら

そのカウンセリングは

「問題解決型」だったのかもしれません。

 

ちょっと、見えてきましたか?

 

さて。それでは

どうしたらいいのでしょうか?

 

 

キラキラアダルトチルドレンが回復する方法キラキラ

 

1.自分の気持ちへの共感をたっぷりと味わう

「共感型」「傾聴型」「来談者中心療法」

*目的 トラウマケア・愛着不全の修正

 

2.自分の心のクセを知る

「問題解決型カウンセリング」「心理学習」

*目的 メタ認知の再考・認知再構成

 

3.身につけたことの実践と検証

「おはなし会」「お茶会」「講座」

「日常生活での実践とカウンセリングでの検証」

*目的 自己確立・自己肯定・他者理解

 

以上の3つがアダルトチルドレンが

回復するために必要な

3つのステップです。

 

あなたは、

どこまで進めていますか?

 

あなたに、

まだ足りないものは、どれですか?

 

それが、わかると

次に自分が何をしたら良いのか

ちょっと先の見通しができますね^^

 

私のサロンで行なっているのは

この1、2、3です。

 

対面カウンセリング

LINEなどのメール相談

電話オンラインカウンセリング

心の回復ケア講座

会話のクセ・プチレッスン

おはなし会「ゆもりな」

お茶会

3ヶ月認知行動療法コース

対人不安解消12ヶ月コース

来談者のための無料フォロー動画各種

 

まあ、結構

いろいろやっていますよね^^

 

毎月18日は、

朝10時から夜8時まで

体面カウンセリング6,000円

おはなし会「ゆもりな」を

銀座ルームで行います。

 

毎月、必ず18日は

私は銀座ルームにいますので

予約外でも、気が向いたら

「今から行ってもいいですか?」って

お電話ください。

 

いつものお菓子と

ハーブティーを用意して

あなたのお越しをお待ちしています。

 

遠方の方は、

電話・オンラインでもOKです。

 

 

みんな誰でも弱点があります。

 

その弱点が、あなたらしさ。

「個性」です。

 

弱点だと思っているのは自分だけ。

実は、それが「長所」なのですよ^^

 

弱点のない人なんて魅力ゼロです。

 

自信を持ってくださいね。

 

 

 

 

 

対象:アダルトチルドレン・対人不安・虐待

大人の発達障害・トラウマ・親子問題・育児

恋愛下手・依存・摂食障害・引きこもり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る