40代になるまで「生きづらさ」という言葉を知りませんでした


おはようございます。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

私は、40代になるまで「生きづらさ」という言葉を知りませんでした。

自分がいる状態が
「生きづらい」という状況だということにすら
気付いていませんでした。

自分が アダルトチルドレンらしいと知ったのは
20歳の頃に読んだ
ワニブックスか何かの、心理関係の本だったと思います。


そこに、アダルトチルドレンの特徴が書かれていて
ACというのは
いわゆる「機能不全家庭」の子供がなるものだ、と。

でも、私が育った家庭は
「機能不全家庭」どころか
世間から「立派なご家庭で」と いわれるような家庭でした。

自分が置かれている環境は
それが、ごく当たり前のもので

自分が抱いている感覚や感情、
気持ちや思いは、
すべて、そうあるべきもので

この、やり切れなさや寂しさ
言いようのない孤独感や満たされない思いは

自分の性格的なことが原因なのだと
ずっと、そう思っていました。


昔、親戚の集まりで
大人たちが宴席で盛り上がっていたときに

その中の、伯父の一人が 私に
「由絵は、好きな高校に通学できて、何不自由なく幸せなんだから!」
と、酔った勢いで怒鳴りつけて来たことがありました。

私が通っていた私立大の付属女子高は
両親、特に 父が決めた高校で
自分で行きたかった学校ではなく

第一志望の高校は、受験すらさせてもらえず
毎日、着たくない制服を着て
顔満面に、いつわりの両親への感謝を浮かべながら
黙って通っていました。

伯父から見たら、
バカみたいに高い授業料を納める、
そんな お嬢様女子高に通わせてもらえている私は
幸せで文句なんて言える立場か?!と
いうことだったのだと思いますが

以降、私は 二度と親戚の集まりには
恐ろしくて顔を出せず
それでも、私の家が 集まりに使われることが
ほとんどだったため

親類の最後の一人が帰るまで
「体調が悪いから」と
トイレに行くのもガマンして
何時間も、長い間
自分の部屋の布団の中に隠れるように潜って
息を殺して引きこもっていました。

物心つくより ずっと幼い頃から
自分の意志や希望は、一切 拒否され拒絶され
親の言うなりにしか生かしてもらえない自分は

やはり、世間から見たら幸せなのだから
不満を持つなど、筋違いも良いところで
親不孝にも程がある、

自分は、自分なりの夢など
持ってはいけないのだと。

私は、誰のために生きているのか、と。

世の中は、理不尽だなと。

そして、結婚しても、親になっても、30代になっても
そうした心の呪縛は消えず、逆に増幅し続けて
私は いつの間にか「承認欲求の権化」に なっていました。

誰か、わかって。
私を、助けて、と。

そして、そいういうことを「生きづらさ」というのだ 
初めて知ったのは
40代になって、メンタル関連の本や記事を
自分から読むようになってからでした。

今の自分の「生きづらさ」にさえ気付かずに
日々、苦しんだり悩んだり

自分の状態や状況を知らずに
気付かずに生きている人は、大勢います。

自分の心の状態を
自分で把握することこそ
「生きづらさ」から脱出できる第一歩です。

気付けば、必ず抜け出せます。

そのための、ワークを続けて行きましょう。

前回は、あなたが「特に、嫌いなもの」を、3個選んで
「きらいな理由」「なぜ嫌いになったのか」
書き出してみました。それでは、今日のワークです。

本日のCBTワーク
あなたに、キャッチフレーズをつけるとしたら?

これから、あなたという商品の 広告やCMを作るとします。

あなたという商品に

どんなキャッチフレーズ、どんなキャッチコピーを付けますか?

思い付く限り たくさん書き出してみましょう。

この続きは、また次回^^

今日も暑くなりそうですね。

では(^_^)/~

・ 認知行動療法セッションが効果的な方・

アダルトチルドレン、うつ病、対人恐怖症、人間不信

パニック障害、PTSD、引きこもり、不登校、トラウマ毒親、毒母、母娘問題 など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る