アダルトチルドレンの独居生活・看取られずに死ぬということ

昨日、NHKスペシャルの再放送がありましたね。

無縁社会 ~”無縁死” 3万2千人の衝撃~

 
今から9年前に作られた番組ですが
この時期すでに、誰にも看取られずに
一人の部屋でひっそりと死を迎え
 
死後何日も何ヶ月も経ってから
発見されたご遺体が3万2千体もあるという
衝撃的な実話の番組でした。
 
統計調査によると
2030年の一人暮らしの比率は
男性は3人に一人
女性は4人に一人の割合になるといいます。
 
男性の場合は、非正規雇用など
経済的に不安定で
家庭を持つことをあきらめた人や
 
仕事が忙しく
家庭を持つ時間がなかった人など
いろいろな事情がありました。
 
女性の場合の4人に一人の割合。
これには、生育歴の影響から
家庭を持つことへの嫌悪感や恐怖感も
大きく影響しているのではないかと
そう感じさせられました。
 
DVや虐待被害。
「良い母親」になる「自信がない」と
結婚しても子供を持たない人も
増えています。
 
自分の将来に夢を持てない。
不安を回避するための人生設計や
ライフプランを無意識に選択している。
 
それで、本当に充実した
幸せな生活を得られているのなら
特に問題はないのだと思いますが
 
不本意ながら、
そうするしかなかった場合
将来、独居生活で
誰にも看取られずに死んでいく不安と
常に隣り合わせで生きていたら
 
生きていること自体
身の毛のよだつような恐怖と
一緒にいなけれなならないかもしれない。
 
そんな生活や人生を
自ら望んでいたのではないのなら
誰かを恨まずにはいられない気持ちになっても
仕方ないことなのかもしれません。
 
たとえ、一生 結婚しなくても
子供を持たなくても
自分らしく自由に生きられる
寂しくない環境さえあれば
それでいいのかもしれません。
 
アダルトチルドレンで悩んでいると
人との関わりを避けて生きています。
 
出来るだけ人と関わらずに
一人でいられる状態を選んでいます。
 
そして、寂しくなると
SNSに顔を出して
他人の幸せ投稿やキラキラ投稿を見て
 
あまりの自分とは別世界な写真に
余計に打ちのめされて
そのままネガティブなサイトへと
ネットサーフィンをしてしまい
 
ドロドロした気持ちの掃き溜め場所に
いつまでも居続けて
気がつくと白々と夜があけている。
 
そんな生活を続けていても
空しいだけですね。
 
これからは、独居生活者や
一人暮らしの人へのサービスが
どんどん増えていくでしょう。
 
スーパーやコンビニの食品は
一人分ずつの個包装商品が
どんどん増えています。
 
別に家族がいなくても
生きてくことは
いくらだってできます。
 
問題は
「気持ちが埋まるかどうか」
 
人間は、太古から
群れて生きてきた動物です。
 
アウトローな一匹狼を気取っても
それは本能(生存本能)に抗った思考なので
 
「大丈夫!一人でも怖くない!」
「平気平気!寂しくない!」と
本能に対する言い訳をし続けながら
生きていなくてはなりません。
 
すっごく無駄な労力です。
 
家族がいなくても
一緒だと思える環境や
知り合いやコミュニティーを
見つけて参加すれば良いのです。
 
「墓友」とか「飯友」とか
いろんな友達コミュニティーがありますが
 
要するに
「仲間」を意識できる環境を持っていて
そこに「属している自分」を感じられれば
生存本能は安定します。
 
生存本能というのは
「感情」や「感覚」です。
 
あなたは、それのことを
「ストレス」とか「トラウマ」という呼び方を
しているかもしれません。
 
本能に逆らって暮らしている限り
あなたに心の平安は訪れません。
 
 
独居でも構わない。
あなたにとって居心地の良い
「帰属感」・「所属感」を持てる場所を
探してみてください。
 
そこが見つかれば
あなたの孤独感は解消されます。
 
どこで見つけたらいいか
わからない方は
こんなサイトもあります。
 
 
https://www.tvac.or.jp/
 

 

自分を幸せにすることは

意外に単純なのかもしれません。

 

試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事

アダルトチルドレン相談*メール受け付けます プロの専門カウンセラー24時間対応*アダルトチルドレン相談

アダルトチルドレンの電話相談受付ます どうしたらいいのかわからない気持ちをスッキリさせます

ページ上部へ戻る