• アダルトチルドレンが受けやすい誤解 はコメントを受け付けていません。

アダルトチルドレンが受けやすい誤解

アダルトチルドレンで悩んでいる方が

受けやすい誤解があります。

それは、「クレーマーに見える」こと。

 

人付き合いが苦手で

どちらかといえば

いつも自分の気持ちを押し殺して

必死で自分を殺して生きているのに

人からは

「プライド高い」

「負けず嫌い」

「非を認めない」

「強情」

そう受け取られていることって

ありませんか?

 

なかなか理解してもらえない

孤独感や苦しさから

逃れたい気持ちで

必死に伝えようとすればするほど

周りから人がいなくなってしまう。

 

その理由のひとつに

「あなたが文句ばかり言うクレーマーに見える」

この事実があります。

 

人が、悲しんでいる顔

苦しんでいる顔

怖がっている顔

怒っている顔

悩んでいる顔って

どんな表情だか、覚えていますか?

 

そう。

眉間にシワがよっていて

単純に言うと

「こわい顔」ですよね?

 

相手は、あなたの「こわい顔」を見ながら

あなたの言葉を聞いています。

 

人間は、こわい顔の理由を

受け取ることが苦手です。

 

相手の人は、その表情から

あなたから攻撃されているような

感覚になってしまっています。

 

あなたから責められている

「クレーマーに脅されている」

そう感じてしまうのです。

 

訴えたい気持ち、

理解して欲しい気持ち。

 

なぜ、受け取ってもらえないのか?

どうして誤解されてしまうのか?

 

それは、あなたが

「つらいのだ」と言う説明なしに

その言動をしているから。

 

そうすると

人からは、あなたが

クレーマーに見えてしまいます。

 

嫌われたくないのに

自分から嫌われる方向に

導いてしまっているのです。

 

あなたが悪い訳ではありません。

クレーマーに見えてしまうほど

心に圧力がかかっているのです。

 

心の圧力を抜く工夫をしてみましょう。

 

 

 

関連記事

おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る