親を毒親・毒母と呼ぶことへの依存 |アダルトチルドレン カウンセリング

こんばんは。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

この時期は、そろそろ実家へ帰省している方も多いのではないでしょうか?

昔は、優しいおじいちゃんやおばあちゃんが待っていてくれた実家も

今では、両親だけ。

親と顔を合わせるのは気が重くて、もう何年も帰省していないという方も

多いかもしれませんね。

 

さて。

今日は、親を毒親・毒母と呼ぶことへの依存についてお話ししてみたいと思います。

 

過去の生育環境のトラウマなどについてグリーフを抱えている人を

最近では、「アダルトチルドレン」や「AC」と呼ぶようになってきているという話を

前回のこちらの記事で書きましたね。

 

自分がアダルトチルドレンかも知れないと気付いてしまったら

http://ameblo.jp/hanatukiyo-life/entry-12188188978.html

 

あなたは、過去の生育環境の中で

本来得られるはずだったものを得られていなかったことについて気付き

その心理的な回復のプロセスの中で、

親を恨んだり憎んだりする過程を体験することになります。

 

ところが、一部の人達は

この「親を恨んだり憎んだりする過程」で身動きが取れなくなって

そこで止まってしまうことがあります。

 

「こんな人生になったのは、お母さんのせいだ!」

「こんな性格になったのは、お父さんからかばってくれなかったお母さんのせいだ!」など

 

親(特に娘の場合は、母親に憎悪する傾向が強い)に対して

恨みや憎しみの感情を持ったり、ブツケたりすることで

自分の状態を維持することに執着してしまう人があります。

 

これは、一種の「依存」にあたります。

 

親を憎む・恨むという自分の感情に依存している状態です。

 

現実として、問題の原因が親にあったとしても

過去を変えることは、残念ながらできません。

不可能なことですね。

 

そして、今さら 親に、「変われ!謝れ!」と迫ったところで

子供の頃のあなたが負った経験が帳消しになる訳でもありません。

 

それがわかっているから、あなたは親を憎む感情に執着してしまうのですが

ここで注意していただきたいのは、心の向きの方向です。

 

あなたは、怒りのパワーを親に向けることで

自分のバランスを保つことにばかりに依存してしまっていて

自分の内面に意識を向けることを避けてしまっているのです。

 

では、なぜ自分の内面に意識を向けることを避けているか、

なぜ自分の内面に目を向けることから逃げているのかというと

「自分一人では、到底抱え切れない不安」を感じているからです。

 

誰かに助けを求めたくても、誰も理解してくれる人が見つからない。

 

寂しい。 誰もいない。

 

孤独感、焦燥感、不安、絶望感などが

そうした、あなたの心の中でグルグルと渦巻いてしまっていて

解決の糸口が見つからなくなってしまっていますね。

 

 

自分の悲しさ、寂しさ、ツラさ、悔しさを受け止めてくれる人。

 

自分の気持ち、ありのままの本音を受け止めてくれる人。

 

そういう人を切望し続けて、見つからなくて

諦めることがクセになってしまって、

結局、気が付くと 親を憎む気持ちに依存してしまって

そこから抜け出せずに、苦しんで悩んでいる。

 

それが、今のあなたではないでしょうか?

 

 

そして、優しい言葉をかけてくれる いい加減な男の

都合のいい女になってしまったり

誰かに応えることで、かろうじて自分を保っていたり。

 

そんな自分に自己嫌悪しながら、親を呪って生き続ける。

 

地獄ですよね。 毎日が。

 

 

あなたが、本当に探し求めていた人は

実は「運命の人」ではないのです。

 

あなたが考えている「運命の人」というのは、

あなたの何もかも、ありのまますべてを受け入れて、受け止めてくれて

何も要求せずに、無条件で あなたを愛してくれる人。

 

ステキな彼、優しい彼女、でしょうか?

 

あなたが求めている、あなたが考えている「運命の人」というのは

第三者から見ると、「あなたの依存相手」ということになってしまい

相手の人は、あなたを「運命の人」として見ることはありません。

 

逆に、「自分の運命を決めてしまった人」として見ることはあるかもしれませんが。

 

では、あなたにとっての「運命の人」って誰になるのでしょう?

 

 

それは、あなたにとっての「気付き」をくれるカウンセラーの存在です。

 

カウンセラーは、あなたのすべてを受け止めて、受け入れてくれます。

 

愛情が欲しいあなたが、どうすれば良いのかの答えに気付く

ヒントや方向を一緒に探してくれます。

 

誰にも打ち明けられなかった苦しい思いを

誰よりも、あなたの身になって聴いてくれます。

 

そして、あなたは自分に相性の良いカウンセラーと出会うことで

あなたが考えている「運命の人」を見つけて依存するよりも

もっと深い安心感と幸せな毎日を手に入れることが

できるようになるのです。

 

もし、あなたが 今でも

親のことを「毒親」「毒母」と呼んでいたら

それは、「依存」だということに、一日も早く気付いてくださいね。

 

あなたは、一人ぼっちではありません。

 

あなたが「見つからない」と絶望して諦めていた

あなたの本当の理解者は、

きっと今日も、あなたが気付いてくれる時を待っていてくれます。

 

その本当の理解者って、誰だと思いますか?

 

それは、「あなた自身」です。

 

 

わからない!という方は、どうぞ 無料電話カウンセリングをご利用ください。

 

匿名で、お話しいただけます。

 

 

自分を縛り付けるのは、
もうやめて

あなたの不安を、もっと手放してくださいね。

 

いつでも、お手伝いしますよ。

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る