自己肯定感が低いって、どんな人? | アダルトチルドレン 心の特徴

こんばんは。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

「アダルトチルドレン」でネット検索をすると、必ずといっていいほど出てくる

「自己肯定感が低い」という言葉。

 

この「自己肯定感が低い人」って、どういう人のことか、わかりますか?

 

ひと言でいうと

「まいっか。私は私だしε- (´ー`*)」と思えない人ということです。

 

例えば、

「友達は みんな お母さんになっているのに、私は ずっとツラい不妊治療をしている」とか

「母は、成績が良かった姉ばかり可愛がって、私を無視し続けた」とか

「私は何をやっても中途半端で結果が出せない。出来損ないな人間だ」とか

 

今 置かれている現状をストレートに受け入れられないストレスを持っている人ですね。

 

言い換えると、「不必要に自分に対して責めを向ける傾向のある人」と言えます。

 

では、なぜ そういう心の傾向を持ってしまうようになったのでしょうか?

 

それは、あなたが過去に生きてきた人生経験の中で感じたことが基盤となっています。

 

あなたは、あなたにしかない価値観で世の中を見ています。

これは、あなたに限らず、世の中のすべての人は

自分だけの価値観で生きています。

 

ですから、同じものを見ても、同じものを聞いても、

その人の価値観によって、そこから感じる印象や感想は、すべて違うものになります。

 

例えば、「赤」という色を思い浮かべてください。

そこから、あなたは何を連想しますか?

 

「りんご」 「血」 「イチゴ」 「信号」 「旗」 「情熱」などなど、

いろいろ連想すると思います。

そして、他の人と 連想したものを比べてみると、

自分にはなかった連想をしている人がいることに気が付くと思います。

 

日本人の子供に塗り絵でリンゴを塗らせると、迷わず赤のクレヨンを選びますが

西欧の子供は、緑のクレヨンを選ぶといいます。

これは、育った環境が違うから。

日本の子供が普段食べているリンゴは赤いですが

西欧の子供が日常食べるリンゴの色は緑色だからです。

 

つまり、人は自分が生まれ育った環境の中で

自分独自のものの見方や感じ方(価値観)を作り上げていくのです。

 

「まいっか。私は私だしε- (´ー`*)」と思えない人になってしまったのは、

 

「友達は みんな お母さんになっているのに、私は ずっとツラい不妊治療をしている」と

何が問題なのか?

 

「母は、成績が良かった姉ばかり可愛がって、私を無視し続けた」から

何が問題だったのか?

 

「私は何をやっても中途半端で結果が出せない。」と

なぜ、出来損ないな人間なのか?

 

それがわかると、

今 置かれている現状をストレートに受け入れられないストレスを持ってしまうのは

なぜか?がわかります

 

「不必要に自分に対して責めを向ける傾向のある人」は、

自分の作り出した物差し(価値基準)で、勝手に自分を評価している人

自分で自分をジャッジしている人、ということになります。

 

どうして、あなたは自分を評価するクセを身につけてしまったのでしょう?

 

どうして、あなたは人の目ばかりを気にして生きる人になってしまったのでしょう?

 

どうして、「自己肯定感が低い人」になってしまったのでしょう?

 

 

「親が悪い?」 「母親が悪い?」 そういうことだと思いますか?

 

実は、それよりももっと奥深くに

本当の真実が隠れています。

 

そのことに気付いて、幸せを手に入れてくださいね^^

 

 

 

そんなあなたにオススメのセッションは、こちらshokopon

http://ameblo.jp/hanatukiyo-life/entry-12117091464.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る