看護師が聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5 | アダルトチルドレン グリーフケア


こんばんは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。
看護師が聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5
あなたは、明日 自分の命が終わるとしたら、どのような言葉を語るでしょうか?
これは、カトリック教会誌に掲載された
人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、
オーストラリアの看護師 Bronnie Ware さんによる
死の間際に患者さんが人生を振り返るときに語られた言葉の中で
多かったものトップ5は以下のようになるそうです。

1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」
2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」
3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
4. 「友人関係を続けていれば良かった」
5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

自分をもっと幸せにしてあげれば良かった、という後悔。
つまり、本当は自分で自分を幸せにすることができる。
そういう選択を、人生の中で することができる。
それに気付けたら良かった。
この後悔は、アダルトチルドレンの悩みを持っている人に
生きている間でも、とても多く聞かれる言葉のような気がします。
とても考えさせられてしまう言葉ですね。
死の間際に、そう後悔するよりも、生きている今、
あなたの心を自由にしてあげましょう。
幸せになることに、遠慮はしないでくださいね(*^^*)

 体験カウンセリング日程 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る