生と死を考える会 全国大会での二日間 | アダルトチルドレン グリーフケア

{99ED56D2-9FD5-479A-A770-5EC9C9494494}

こんばんは。

心理カウンセラーの加納由絵です。
昨日と今日の二日間は、千葉県の麗澤大学で開催された
生と死を考える会 全国大会に参加してきました。
上智大学のグリーフケア研究所の関係での参加です。
今日は、午前中 分科会で、ゲートキーパーと若年層の自殺に関する講演を受講しました。
ゲートキーパーというのは、門番のこと。
向こうの世界の前で防ぐ人のことです。
リスカ、OD、拒食症などの自傷行為や希死念慮、
その原因や自傷依存のメカニズムや
警察庁や内閣府の調査データをもとにした検証などを考えました。
若年層を悩ませているのは、過去の生育歴。
あまりにも生きづらい社会環境。
アダルトチルドレンの悩みも、それ以外の悩みも
すべては、あなたの過去の生育歴から生まれた
トラウマに起因するグリーフをケアすることで解決することが出来ます。
それには、的確なカウンセリングと継続的な治療が必要です。
心の問題の解決には、根気と時間がかかります。
あなたは、心の問題を自分で どんどん複雑にしています。
どこかで、そのループを断ち切ること。
それだけで、あなたは変われます。
いつでも、ご相談くださいね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る