死ぬ時のことを考えると今するべきことが見えてくる | アダルトチルドレン 生き方の選択

こんばんは。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

ずいぶん昔に撮った東北の写真です。

遠野へ行った帰りに立ち寄った平泉の中尊寺だったと思います。

 

最近、大学の研究所で「死生観」について講義を受けたり

自分の死生観について考えたりする時間があります。

 

「死生観」というと難しいのですが、簡単に言うと「生き方」と「死に方」ですね。

 

私は、過去の私自身の問題から、天国へは行けないと思っています。

というか、行ってはいけないと思っています。

 

でも、潔く地獄へ行きます、とも言えないんですよね。

小心者だから。

 

で、どうしたいの?というと

「このまま、この世に居たいです」ということになります。

死んでからも。

 

。。ということは、オバケになるということなのですが。

 

成仏せずに、往生せずに、ずっと このままこの世に居続ける。

 

私は、特に それを煉獄だとは思っていません。

 

家族と大切な時間を過ごした愛着のある家に

死んでからも、ずっと居続けたいと願っているのです。

魂だけね。

 

そういうふうに考えられるようになったのは

結婚して新しい家庭を持ったから、というのが一番の理由です。

 

自分で愛情を持てる家族を築けた、というのが

一番の理由になっているかな?と思います。

 

実家の両親と一緒に暮らしていた頃は、

「早く死んでしまいたい。どこかへ消えて居なくなりたい」って

ずっと思っていましたし

「いつまで生きていたら良いのかな?」って

小学生の頃から、ずっと思っていましたしね。

 

天国へ行きたくない理由は、もうひとつあって

「死んだ親たちや、親戚の叔父や叔母たちと顔を合わせたくない」

というのもあります。

 

私は、自分を取り巻く大人達に愛情を持てなかったし

看取った時も、正直言うと

悲しさよりも安堵感の方が大きかったのです。

 

「ああ、やっと終わったな」って、そんな気持ちの方が強かった気がします。

 

夫の両親、私の義父母のお仏壇は、今 私の家にあって

毎朝、お線香をあげています。

 

夫の両親は早逝してしまいましたけど、心の優しい清い良い人達でした。

 

今朝、お仏壇用のお線香が切れたので

新しく注文しました。

これです。ずっと同じものを使っています。

煙くなくて白檀の香りがするので、お気に入りです。

 

最近は、お線香もAmazonで買えるんですね^^; ビックリしました(笑)

 

玉初堂のお線香 淡麗香樹林 大バラ詰 #6641 玉初堂のお線香 淡麗香樹林 大バラ詰 #6641

1,512円
Amazon

 

何が言いたかったのか?って話しですが。。

 

自分の死に方、死後のあり方を、なんとなくでも決めてあると

そこまでの生き方も、自然と決まってくるような気がしています。

 

自由に生き方を選ぶように、死後のあり方も自由に選びたい。

 

天国だとか地獄だとか極楽だとか、違う世界へ行かなければならないと思うから

人は、寂しくなったり、悲しくなったり、ツラくなったりするのではないのかな?

 

生きていても死んでからも、何も変わらない。

生きている人達と直接関われなくなるだけ。

そう思ったら、悲しくない。

 

そう思えるような、ステキな今を 大切に慈しんで毎日を送りたいですね。

 

 

 

 

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    小学校の時から「早く死んでしまいたい」と思っていたのですね。そして今も天国へは行けないし地獄も嫌だと思っているのですね。
    死んでからもこの世にいる。それも自分が望んでいるのだから良いと思います。
    私は流れに任せようと思っています。誰かに連れて行かれるのだったら、そっちへ行くし。そっちへ向かえと言われたらそっちへ行くし。誰かが迎えに来てくれたら、そっちへ行くし。どっちか解らないけれど、そっちw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る