利便性の良いショッピングモールや駅前ビルのカウンセリングルームが不人気な理由

こんばんは。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

利便性の良いショッピングモールや駅前ビルのカウンセリングルームが不人気な理由

 

これ、なんだかわかりますか?

占いとかスピリチュアル系のセッションなどの場合は

駅チカだったり、ショッピングモールの中などは、とても人気がありますよね。

 

でも、心理カウンセリングの場合は、ダメなんです。

 

理由は、プライバシーの問題。

 

日本人は基本的に「心理カウンセリング」というものに

後ろめたさを感じてしまうものなのです。

 

「誰かに、カウンセリングを受けに来ている所を見られたら、どうしよう?」とか

「秘密でカウンセリングを受けに行きたい」というニーズの方が

まだまだ、多いのです。

 

これが、タレント性の濃いカウンセラーさんの所へ行くのなら

「ちょっと雑誌を読んで興味を持ったから」程度の言い訳が通用するのですが

本格的にカウンセリングを受けに行く場合は、

どうしても「世間の目」が気になってしまうのです。

 

ママ友だらけのショッピングモール内でカウンセリングを受ける勇気がある人は

たぶんカウンセリングを受けに行くことはないと思いますし

そんなに悩まない体質の方のような気もします。

 

精神科外来が、他の外来と少し離れた場所にあるのと同じ理由。

 

クライエントさんは、ただ「通う」ということ

それだけのことに、想像以上のストレスを抱えているものなのです。

 

これは、カウンセリングの内容にもよりますが

たいていは、ひと目の避けられる、ちょっと繁華街からはなれば場所が

ご相談者さんサイドからは好まれる傾向があります。

 

「クライエントの目線で考える」こと。

 

忘れないでくださいね^^

 

 

 

 

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます
    英国在住です
    日本の心理士カウンセリング事情に大変興味深く拝読させていただいてます
    こちらの心理カウンセリングは精神科医からの要請で行なわれるのがメインです
    心理士による患者の解釈が精神科医に報告され、精神科医は それを踏まえて自らカウンセリングで見立てをたてて全体的な治療をする感じかな….
    こんなに国によって心理士の仕事内容が異なっている事にビックリしています

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る