不安になるのを止めたいあなたへ| アダルトチルドレン カウンセリング

こんばんは。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

あなたは、心配症ですか?

「不安になりやすいタイプの人」ですか?

 

さて。

今日は、「不安になるのを止めたいあなたへ」ということについて

お話しをしてみたいと思います。

 

あなたは、普段 どのような時に不安を感じますか?

 

ちょっと思い出してみてください。

 

まず、「人が不安を感じるとき」とは、どのような時かを知っておくと

それだけでも楽になれます。

 

「人が不安を感じるとき」というのは、必ず「過去の経験」を元にして

これから、どれくらいのストレスが来るかを予想するときに起こります。

 

あなたは、過去に上司から叱責された過去の経験を思い出して

次に起きるだろう状況を予想したときに不安を感じたり、

 

母親からのメールを開く時に、

また、以前のような不快な思いをするかもしれないと予想して不安を感じたり、

 

いつも嫌味を言ってくる近所の人と目があった瞬間に

以前に嫌味を言われたときの経験を思い出して

今度は、どんな嫌味を言われるのだろうと不安を感じたり、という

 

不安を感じる生活を続けていることと思います。

 

これらのように、「不安を感じるとき」というのは

「過去の経験を思い出して、これから起きる状況を予想しているとき」なのです。

 

「そうすると、まだ未体験のことに対しての不安は、どうなのですか?」と

疑問に思う方もあるかもしれませんね。

 

良い質問です(^_-)-☆

 

未体験・未経験のことに対しての不安を感じるときも

実は、あなたは それに似た過去の経験を、

アレコレと、心の中の引き出しをほじくり返して

「きっと、あのときと似たような思いをするに違いない」

「たぶん、あんな感じのツラさを味わうに違いない」などと

やはり、これから起きることを予想して不安になっているのです。

 

つまり、「不安が起きる理由」は、

あなたが まだ起きていない未来の出来事に対して

過去の経験から、先回りをして予想してしまうことにあります。

 

わかりやすく言うとあなたは過去の経験から

自分で自分の不幸のシナリオを心の中で描いてしまい

心だけが、過去と未来を行ったり来たりして

右往左往している状態。

 

これが、「不安な状態」になります。

 

では、どうしたら、この「不安な状態」、

「不安を感じる」ことから解放されるのか?というと

 

「今、不安に感じていることは、まだ起きていない!」と

ハッキリと自分に教えてあげてください。

 

そして、「過去」と「現在」は、違うということに気付いてください。

 

同じ人と、同じような状況にいるのに、

どうして、「過去」と「現在」は違うといえるのか?というと

 

あなたは、不安を感じることができるということは

「なぜ、それが、今 あなたが不安を感じるストレスな出来事だったのか?」の

原因や理由を、既に経験して知っているからです。

 

以前、不安になる原因のストレスを経験したときは

まだ、それについて自分が どのような気持ちになるかを知らなかったので

そのストレスを受けたことで、「ショック」を受けました。

 

そして、その「ショック」を繰り返したくなくて

あなたは、そのときの状況を予想して不安になります。

 

でも、「過去」と「現在」が違う一番の理由は、

あなたは既に、そのストレスに対しての経験者なので

「どうすれば、そのストレスを回避できるかの答えを知っている」のです。

 

「不安」は、経験者だけに起きる 心の状態です。

 

つまり、あなたは 既に「不安に対処出来るだけの経験値を持っている」

 

これに、気付いてください。

 

 

小学生の頃に、イジメにあって対人恐怖症になった人は

その後の人生でも、人と接する時に

さまざまな不安を抱えて生きていることがあります。

 

でも、あなたは、タイムマシンが発明されない限りは

二度と、小学生の頃のあなたに戻ることはできません。

 

小学生の頃と まったく同じ経験をすることは、もう二度とないのです。

 

今、小学生ではなく大人になったあなたは、

これまでの人生の中で、

とても たくさんの経験値を持つことができました。

 

その中に、必ず 人と接する時に不安にならずに済む

あなただけのオーダーメイドの答えが隠れています。

 

あなたは、ただ それに気付いていないだけなのです。

 

 

では、どうしたら、その答えに気付くことができるのでしょうか?

 

それは、あなたの心が、現実に対して、

どのような「感じ方のクセ」を持っていて、

その感じ方のために、「どのような行動をしているか」を知ることです。

 

これは、方法とコツさえ覚えれば

誰でも簡単にできるようになります。

 

そうした方法やコツを身につけられるのが「認知行動療法」です。

 

 

「不安」は、経験者だから起きること。

 

「今」と「過去」は、違う。

 

あなたには、経験値がある。

 

 

この3つを、覚えておいてくださいね^^

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る