一生懸命に書いたメールほど、読んでもらえませんよ?


こんばんは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

「一生懸命に書いたメールほど、読んでもらえませんよ?」

ちょっと話がズレますが、
私は 先日から、ある仕事をコンペで依頼しています。

で、依頼内容を、どう書いたら伝わるだろうと
一生懸命に文章を考えて、
がんばってコンセプトを伝えてみました。

ところが、です。

ぜ~~んぜん、的ハズレな仕事が
次から次へと返って来て

「ウソや、、(-_-)」と、
ビックリしたり悲しくなったりしましたが

数日経ってから考えてみたら、
「ああ、なるほどな~」と思いました。

コンペに出すのですから、
仕事を依頼する相手は当然プロです。

でも、どの人から返ってきた仕事を見ても
みんな一様に、同じ特徴がありました。

「自分が読みたい単語や文字しか見ていない」ということ!!

これは、同じ新聞記事を読んでも
そこから受け取る印象やメッセージが違うとの同じ。

読み手は、自分が読みたいようにしか
受け取った文章を読んでいないのです。

ですから、あなたが一生懸命に書いたメールは
一生懸命過ぎて、文字が多かったり、
文章の焦点が定まらなかったり、
長文になっている可能性があります。

誰でも、長い文章を読むのは面倒です。

自然と、無意識に
自分が読みたい単語や文字を拾って読んだり
自分が受け取りたい内容で解釈してしまいます。

「一生懸命に書けば書くほど、気持ちは伝わらない」という
悲しい結果になってしまいます。

では、どうしたら良いのか?というと
「できるだけ短く」
「長くなる場合は、メールを分けて送る」
ですね。

個人的には、会って話せたら、それが一番だし
会えないのなら、電話やスカイプなどで話すのが良いと思います。

メールは、想像以上に気持ちが伝わりにくいツールです。

気をつけましょうね^^

今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました^^


◆まずは、無料電話カウンセリングで試してみたい方は、コチラから。
 https://www.voicemarche.jp/advisers/303

◆カウンセリングを受ける前に相談したい方。
 アダルトチルドレン・愛着障害・毒親・不妊ストレスなど、
 誰もわかってくれないお悩みについて質問したい方。
 なんでも、お気軽にご相談ください。
 無料メール相談をお受けします。(1往復のみです。)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る