フラワーレメディの効果 心の絆創膏 | アダルトチルドレンの不安を和らげる植物エッセンス

{3925CBD3-C9B6-4881-8740-98F09EB95EEA}
こんばんは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。
 
先日、フラワーレメディの勉強会に参加させていただきました。
 
フラワーレメディーというのは、イギリスのホメオパシー医のバッチ博士が開発した
植物由来のメンタルサポートエッセンスのことです。
 
ハーブやアロマなどのように、科学的な成分による根拠に由来するものではないので
プラシボ的な効果に疑念をお持ちの方には、あまりオススメしませんが
心が落ち込んでしまっている時や、元気がない時の
「心の絆創膏」として利用すると効果があるようです。
 
38種類の植物のエッセンスの組み合わせで
さまざまなメンタルサポート効果を期待することができます。
(通常は、6~7種類まで組み合わせOKです)
 
フラワーレメディーの38種類の植物と、その効果については
こちらのリンクをご参考に。
http://www2.tokai.or.jp/clue/bach-38.html
 
また、市販されているレスキューレメディーやリカバリーレメディーは
最初から5種類のエッセンスがブレンドされています。
 
このレスキューレメディは、海外では緊急対応のレスキュー隊や救急隊員も
スプレータイプを常備しているという話もあります。
 

レスキューレメディにミックスされているレメディ

スターオブベツレヘム : ショックの後に残る悪影響
チェリープラム : 感情をコントロールできない状態
ロックローズ : 強い恐怖やパニック
インパチェンス : 精神的ストレスおよび緊張
クレマチス : 意識がぼんやりしている状態

 
【参考引用】
レスキューレメディ(Rescue Remedy)は、強いストレスやショック、緊張を感じるときに役立つ緊急用のバッチフラワーです。世界中で最もよく使われています。
 現代社会では、ストレスを感じる場面がたくさんあります。ショックな出来事があった時、悪い知らせを聞いた時、病院に行く時、人前で話す時、試験を受ける時、ミスをした時、けんかをした時、環境が変化した時など、緊張や動揺・パニックといった、心のバランスが乱されるような場面全般が当てはまります。
 レスキューレメディは、乱れた心を鎮める助けになります。日常の生活の中の、ストレスを感じるあらゆる場面で役に立ちます。普段から持ち歩き、気軽に使って、ストレスの嵐から身を守りましょう。
妊婦・胎児から病中の患者まで、使用することができて
副作用や薬との飲み合わせ、アレルギーなどの禁忌もないことから
とても安心なメンタルサポートアイテムということです。
 
私も、このフラワーレメディの自分用ブレンドを作って
実際に服用してみました。
 
飲む時は、お茶や料理に混ぜたり、そのままスポイトから口に垂らしたりで
2滴を1日4回程度で良いとのことです。
 
私の身体で人体実験をしてみましたが
私には、けっこう効きました(笑)
 
ボトルタイプの液状エッセンスの他に
グミタイプのキャンディーもあるそうなので、外出時はキャンディーの方が
便利かもしれませんね^^
 
緊張や不安に悩まされている人、職場などでの人間関係に不安のある方
アダルトチルドレンの方などには、心のお守りとしてバッグに忍ばせておくのも
良いのかな?と思います。
 
 
 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る