• セラピストが天職だと思い込んでしまう心のトリック はコメントを受け付けていません。

セラピストが天職だと思い込んでしまう心のトリック


こんばんは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

メリークリスマス^^
クリスマスの今夜、いかがお過ごしですか?

私は、少し早めに
昨夜、自宅で ささやかに
毎年恒例のファミリークリスマスを過ごしました。

さて。
今日は、
「セラピストが天職だと思い込んでしまう心のトリック」について、お話しします。

この内容は、かなり辛辣な内容になりますので
傷つくことに過敏な自覚のある方は、
この先は 読まないでくださいね。


あなたがセラピストとして活躍しているとして
クライエントさんを勇気付けて、傾聴をして、
カンセリングをして、セラピー施術をして、

「ありがとうございました」と感謝されて
「ああ、今日も お役にたてて良かった(*^▽^*)」と思っているとします。

この時点で、一番癒やされているのは
実は「あなた自身」かもしれないことに気付いていますか?

セルフ・ヘルプとサポートグループについて
カウンセラーや心理の勉強をした方なら、ご存知だと思いますが

セルフ・ヘルプグループ(自助会)やサポートグループの
ファシリテーター役(進行役)をする人物が
その役割を担うことで、実は参加者の誰よりも
一番癒されているという
ケースがあります。

これは、どういうことかというと
人の心の負担を軽減する役に立てたと思うことは、
実は、そのまま自分を癒すセルフセラピーと同じ効果を持っているのです。

人を癒しながら、自分も癒やされる。
この甘いワナにハマってしまい
「セラピストが自分にとって天職だ!!」と思い込んでしまうのです。

人を癒やせば癒やすほど、自分が癒やされるのですから
これは、もう一種の麻薬のようなものですね。

でも、自分の心の傷が癒やし切れていない人が
この行為を繰り返していると、いずれ壁にぶつかります。

「自分と、しっかりと向きあえていない」ので
「クライエントさんとも、しっかりと向きあえていない」ことに
自分で気が付き始めます。

そして、自分には才能がない!と悩み始めて
よりスキルアップするためのセミナーや講習漬けの生活になったり
資格取得依存症にかかってしまったりします。

そうならず、自分に気付かないでセラピストを続けている人は
更に重症で、完全に自己満足のループにハマってしまい

クライエントさんも自分と同じくらいセッションで満足していると
勝手に信じ切って、自己陶酔に落ちてしまいます。

アダルトチルドレン出身のカウンセラーやセラピストが非常に多いのは
この事実を知っていれば簡単に理解ができますね。

私自身も、そうしたプロセスを踏んで来ていますから
なお一層、良くわかります。

「他のセラピストやカウンセラーと自分を比較して卑屈になってしまう」のも
「空回りなライバル意識をむき出しにして、競合他者を見下してしまう」のも

不安定な基礎の土台の上に建てられた建物と同じように
とても不安定な存在なのです。

これまで、私がカウンセリングをさせていただいた方の中には
セラピストさんが非常に多いのですが
これは、やはりアダルトチルドレン独特の傾向で

セッション中に、
「ああ、この方はアブナイな。。」と感じる方も多いです。

そのような方には、こちらのセミナーをオススメしています。
2時間で、認知行動療法をベースとした性格改善プログラムを習得できます。

あなたの「今年こそ、私は こんな人に変わりたい!!」
全面的にバック・アップ&サポートします!

これからの予定など、詳細は コチラの記事で、ご確認ください。

前回の開催報告・参加者さまのご感想は、コチラ

自覚があるかどうかだけで、これからの人生は大きく変わります。

来年こそ、ステキな人生を手に入れましょう!

おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る