カラヴァッジョ展と描かれた夢解釈――醒めて見るゆめ/眠って見るうつつ

{B19BD751-796B-4167-A897-D209D4A52DE3}
こんばんは。
心理カウンセラーの加納由絵です。
 
先日は、終了間近なので
上野の西洋美術館へ、カラヴァッジョ展を観に行ってきました。
常設展では、
 
どちらも、とても良かったですよ。
 
少し肌寒い小雨混じりのお天気だったので
マイボトルにハーブティーを持って行きました。
ホッコリ温まりますね(^ω^)
 
最近、ちょっとモロモロのことにコンを詰め過ぎていたので
この日は、リフレッシュ日にしました。
 
マグダラのマリアは、誰の どの作品も みんな好きです。
「悔悛」という言葉に、とても魅かれるので。
 
今週末が終了なので、もっと混雑しているかな?と
覚悟して行きましたが、会場と同時に入れて
比較的に空いていたからラッキーでした(*^.^*)
 
上野駅で、ゆっくりお昼を食べました、福島御膳。
{A7459746-4AD6-4E9E-87C2-24B0E3FF4417}

なんだか、とても久しぶりに楽しんだような気がしました。

 
やっぱり、ちょっと疲れが溜まっていましたかね~(´・ω・`)
 
また、がんばりましょう(*^▽^*)
 

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    私もカラヴァッジョ展を見てきましたので、楽しくブログを拝見しました。『バッカス』の個性的で強いインパクトをしそませた一見穏やかで静かな表現、『エマオの晩餐』の闇を切り裂くような光の表現、『ナルシス』の刹那的に美しく表現、死の間際のマグダラのマリアが神と一体感になった法悦に浸っていることを見事に表現した『法悦のマグダラのマリア』など、心に強い衝撃を与える作品の数々に圧倒されました。リアリティーのある絵画表現と衝撃の強さ独特の美意識のせめぎあいは迫力がありました。
    私は今回のカラヴァッジョ展からカラヴァッジョの絵画の魅力と美術史を塗り替えたかを考察してみました。読んでいただけると嬉しいです。ご意見・ご感想などコメントをいただけると感謝いたします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る