カウンセリングを受けると効果的な時期


こんばんは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

あなたは、「カウンセリングを受けると効果的な時期」について
ご存知でしょうか?

最近のクライエントさまの傾向として
「私は、うつ病なのですが。。」
「私は、毒母で悩んでいます!」
と、ご自身の病名や症例を、具体的に言って来られる方
非常に多くなってきています。

もちろん、ご自分について
自己カウンセリングをしたり、自分について考えることは
とても大切なのですが

病院やクリニックで診断を受ける前から
ネットの心理診断や、読んだ本の知識などで

ご自身について
「私は、アダルトチルドレンだ」
「私は、パーソナリティー障害だ」
「私は、対人恐怖症だ」など
あまり、はじめから決めつけて考えない方が 良い場合もあります。


特に、この頃は ネット上に情報が反乱しているため、
自分で情報を受け取り過ぎて
必要以上に混乱している方が、少なくありません。


私のサロンのカウンセリングの場合、
まず最初に、初回面談をさせていただきます。

この初回面談のことを、インテーク面談と言います。
インテーク面談では、「どのようなことで お悩みなのか」
「どのような問題を抱えておられるのか」を うかがって
「どのような内容のカウンセリングが効果的で適切か」
クライエントさまとカウンセラーが相談をして
ご希望にあわせて、今後のカウンセリング計画をしていきます。

まだ、薬の服用中だったり、通院中で
ご自身での思考や判断が困難な場合は
セラピーや心の癒やしを中心に進めながら
カウンセリングに入っていきます。

例えて言うと、

骨折をしているときに筋トレをしても
理想的な効果が得られないのと同じように、

高熱がある時に、
入試に向かっても、良い成績を得られないのと同じように、

ある程度、心にも体力がある時期でないと
カウンセリングを受けても効果的な結果を得るのは
むずかしいケースもあります。

「それじゃ~、カウンセリングなんて受ける意味ないじゃない(#`ε´#)」
って話ですが、

カウンセリングには、大きく分けると2つの種類があります。

1.折れた心、傷ついた心を癒やすカウンセリング

2.これからの人生に向けてのカウンセリング


これは、クライエントさまのご希望をうかがいながら
カウンセラーがインテーク面談を元に判断していきます。

「カウンセリングは受けてみたいけど、自分が、どちらなのか わからない( ̄_ ̄ i)」という方は、

どうぞ、お気軽に お問い合わせくださいね^^

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る