アダルトチルドレンに美人が多い理由


こんばんは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

「アダルトチルドレンに美人が多い理由」について。

巷のカウンセラーさんのブログを拝読させていただくと
この話題には触れていないか、
ボカしているか、わからない、と言っているか
その どれかが、とても多いですね。

理由は、ある意味 タブーな話だからです。

「アダルトチルドレンに、美人が多い」のでははく、
「美人だから、アダルトチルドレンになった」
というのが
実は、本当のことなのです。

そもそも、人間は何のために
この世に生まれてきたのか?という
生き物としての根本的なところから、
人間のすべてのストレスは、スタートします。

人間は生存本能や種の保存(生殖本能)を
脅かされるとき、危機感を持った時に
生体的・精神的なストレスは生まれます。

女性は、生物ではメスです。
メスは、その容貌でオスを惹きつけます。

それだけではない、というのは
人間が知性や知能を持って進化してからの話で
オスは、健康的で丈夫な子孫を残してくれそうな
メスを射止めて生殖したいという本能を持ちます。

男性が、女性を見る時の視線の順序は
お尻、足、胸、顔の順です。

これは、生殖機能をチェックしてしまう
オスとしての本能なので、
決して、貴方がエッチだからではありません(笑)

ここで、メスは自分より優れたメスに対して
危機感を持つようになります。

簡単に言ってしまうと、「嫉妬」です。

女性は、共感文化の中に生きる生き物なので
価値観の通わない相手とは
あまり付き合おうとしません。

社会人になって、友情以外の付き合いが必要な場合は
ある程度、気持ちに折り合いを付けて
「仕事上のお付き合い」をすることはできますが
プライベートでも仲良くお付き合いができる人は、とても稀です。

女性は、メスなので、
悲しいかな、「劣等感を感じさせる相手」には、
本能レベルで共感することができない
のです。

身近に美人な友人がいて、
彼女が何か悩んでいたり、悲しんでいたりすると
可哀想と思うのと同時に
「ざまあみろ」と、心の片隅で感じてしまうのです。

日頃、彼女から無言のストレスや劣等感を感じさせられていたので
彼女の悲しみや悩みに、共感することが困難なのです。

優しいとか、意地悪、というレベルではなく
生き物の本能レベルで、
「共感できない」のです。

ただ、それだけです。

生物として、メスとして、一度でも高評価を得た経験のある女性なら
経験があると思います。

美人というだけで、理不尽な人間関係に悩まされたこと。
かわいいと言われただけで、イジメにあったこと。
ステキな幸せそうな奥さんというだけで近所から冷たくされていること。

そう。
美人には、「わかってくれる人」が少ないのです。

これが、美人にアダルトチルドレンが多い理由です。

そして、ここには もう一つ
メスとしての面倒くさい心のカラクリがあります。

人は自分と比較して、手の届かないような
「超美人に対しては劣等感を感じないし、卑屈にもならない」のです。
理由は、自分の張り合う対象として認識していないから。

これが、非常に厄介なのですが
「張り合うことができるのに、自分の方が劣っていると感じさせられるメス」に
女性は劣等感を感じて、非共感を覚えます。

自分に近い人、近似値ほど、腹が立って、嫉妬してしまう、ということです。

なので、アダルトチルドレンに多い美人のタイプは、
「そこそこ美人」 「どちらかというと美人」 「中の上から上の下」
この枠の中に、とても多く見受けられます。

この本能からくる嫉妬は、
避けては通れないことなので、仕方ない部分もありますが

美人を見て、イラッとする方は ご注意くださいね。

セラピーが必要なほどの状態に、心が疲れている証拠かもしれませんから。

おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る