アダルトチルドレンにカミングアウトって必要?|アダルトチルドレン カウンセリング

こんばんは。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

あなたは、周りの人に

「私、アダルトチルドレンなんです!」って、自己表明したいと思いますか?

 

今日は、「アダルトチルドレンにカミングアウトって必要?」

という お話しをしてみたいと思います。

 

カミングアウトというのは、Wikipediaによれば

カミングアウト(Coming out)とは、これまで公にしていなかった自らの出生や病状、性的指向等を表明すること。英語の動詞形でカムアウト(Come out)とも言う。逆に、他人の秘密を暴露することをアウティング(Outing)という。

ということらしいですね。

 

性的なマイノリティーや不妊治療で子供を授かったこと、里親についても

最近は、カミングアウトするかどうか?という議論が起きていますが

 

そもそも、アダルトチルドレンをカミングアウトしたいと思う気持ちって

どこから来ていると思いますか?

 

 

あなたは、

「自分が人付き合いが苦手なのだということを相手に理解して欲しい」とか

「対人関係にストレスを感じやすくて、自己主張がヘタで誤解を受けやすい」とか

 

そうしたことを周囲の人達にわかって欲しいから、

カミングアウトしたら楽になるかな?と思っているのかもしれませんが

残念ながら、答えはNOです。

 

 

あなたが、ACであることを周囲に打ち明けたところで、

状況は何も変わりません。

 

理由は、「あなた自身が何も変化していなから」です。

 

性的マイノリティーなどのカミングアウトに関しては

パートナーとの法的な問題や、社会生活面での問題など

具体的に周囲の認知や承認が必要だからカミングアウトする必要も出てきますが

 

アダルトチルドレンだとカミングアウトで告げられても、周囲の人は困惑するだけです。

 

あなたは、「ああ、そうだったんだ。今まで、さぞツラかっただろうね」という

言葉をかけられるのを期待しているのかもしれませんが

それは期待ハズレに終わると思って間違いありません。

 

「何を甘ったれてるんだ。もっと苦労して苦しんでる人間は大勢いる!!」と

被災地の被災者や貧困家庭の子供達や、家族に先立たれた人の話などを

引き合いに出されて、批難されて、その後 距離を置かれるだけに終わるでしょう。

 

アダルトチルドレンのカミングアウト行為は

世間から見ると、ただの「わかってちゃん行為」としか受け取られません。

 

その後、ますます居場所を失う結果になってしまいます。

 

では、どうしたら良いのでしょうか?

 

それは、あなたが「なぜアダルトチルドレンという現実に悩んでいるのか?」

その理由を、自分の中で明確にすることです。

 

「私は、あなたのせいでアダルトチルドレンなのよ!お母さん!!」と

母親に詰め寄って責めたてるのではなく

 

 

「私は、母のせいでアダルトチルドレンになったと感じて生きづらい」

  ↓

「では、具体的に、どのように生きづらいのか」

  ↓

「具体的に、どのような事例があったか」

  ↓

「その事例の結果、あなたはどのような感情に苦しみ、どのような行動をしたか」

  ↓

「今後、似たような事例があった場合、どのように事態が展開することを望んでいるか」

  ↓

「なぜ、そのように事態が展開して欲しいと思うのか」

 

まず、これを一人で整理して実際に書き出してみてください。

 

これを何度も繰り返してください。

 

 

すると、あなた特有の心のパターンがあることに気付きます。

 

 

あなたが「アダルトチルドレン」だと思っている あなたの心理状態は

すべてこの「あなた特有の心のパターン」に原因があります。

 

この「心のパターン」が把握できると、

あなたのアダルトチルドレンの悩みの解決法がわかります。

 

 

あなたは、「愛して欲しい病」 「理解されたい病」に かかっているのです。

 

それは、あなたが「欲しがってばかりで与えていない人」だからです。

 

あなたは、今まで さんざん人に尽くして与えまくって我慢し続けて生きてきたと

そう思っているかもしれませんが、それは違います。

 

あなたは、「愛されたいから尽くした」「愛されたいから我慢し続けて生きてきた」のです。

 

つまり、あなたの行為は 「見返り」を期待してのことでした。

 

 

そうしなければ生きてこられない生育環境だったからですが、

それは育った家庭環境内だけで通用することで

社会に出てからは、状況は まったく異なります。

 

極端な言い方をしたら、

「別に あなたがいなくても、誰も困らない」のです。

 

家族じゃありませんからね。

 

世間は、あなたの面倒を見るためにあるワケではありませんから

あなたがカミングアウトしたところで、誰も あなたの面倒はみてくれません。

 

そうした状況は、この先も続くでしょう。

 

 

 

カミングアウトしたいと思うほど、あなたは今 追い詰められているのでしょうね。

 

誰にも迷惑をかけずに楽に解決できる方法は、

 

「的確な自己理解」と「専門的なカウンセリング」だと思います。

 

 

上に書いた書き出し法を試してみてください。

 

それでも解決しないときは、どうぞご相談ください。

 

いつでも、お待ちしています。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ありがとうございます。
    書き出しは頭の中が整理されるだけでなく、更に新たな気づきや思いつきが得られ、非常に効果的だと実感しています。
    今回の話では、具体的に、ネガティブ感情がわいたときに、どのような対応を望むか?
    私は、これまで苦手な人や、過去にわだかまりがある人、好きな人等に接する時などに、不安や恐れ、羞恥心、等のネガティブ感情が起き、感情が揺さぶられていました。
    理想は、同じような状況になっても、そういったネガティブ感情がわかない、感情が動じないように平常心を保てるようになりたい。
    そのためには、頭で理性で理屈を納得するだけではなく、本能、感情、心の本心の反応を理解し、説得し、受け入れ感謝し、理性と本能を統合する力を強化していく必要がある。何度も無意識下に定着するまで習慣化するまで何回もやる。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >タカケンさん
    コメントありがとうございます。
    心の回復には、環境とサポーターが影響しますね。
    無理せず、進めてくださいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る