アダルトチルドレンが陥りやすい「資格取得依存症」


こんばんは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

アダルトチルドレンが陥りやすい「資格取得依存症」について。

お手元にある、あなたの名刺を見てみてください。
いくつの資格が印刷されていますか?

これは、特にセラピストさんに多いのですが
自分が持っているセラピーやセッションの資格が
片っ端から全部、名刺に書かれていて
虫眼鏡を使わないと読めない^^;というほど
小さな文字で、ギッシリと
ありったけの資格が名刺の上に並んでいることがあります。

これはセラピストさんには
過去にアダルトチルドレンだった人がとても多いのが理由なのですが

この名刺にギッシリ並んで印刷された資格の数が
多ければ多いほど、
実は、自己肯定感の低さを表してしまっているのです。

「自信がない」から、次から次へと
資格を取ることに依存して行ってしまうのです。

もちろん、セッションをするために必要で
次から次へと資格を取って勉強するということはありますが
それを、全部 名刺に並べてしまうと
ただの「自信のない、うさん臭い人」になってしまうのです。

アダルトチルドレンは、自己肯定感が非常に低いので
自分で自分を認めてあげることができず
資格取得という目に見える賞状や認定証で
自分の自信を確認するしかなくなってしまいます。

「不安」なのですね。

そして、「寂しい」のです。

誰も、あなたをホメて認めてくれないから。
そうされていても、それを感じられないから。
信じられないから。。

逆に、自信のある人の名刺を見ると
職業や資格は、ひとつしか書かれていないことがほとんどです。

たとえば「医師」だったり、「臨床心理士」だったり、ですね。

名刺にズラッと資格が並んでいると
「この人、結局 何をする人なの^^;?」という印象を与えてしまい

それを補うために
意味不明なキャッチフレーズやネーミングをしていたりします。

「わけわからん^^;」 「うさん臭い(-_-)」

と言われてしまうのですね。。

どうしても必要な場合は、
名刺を職種ごとに、仕事の内容ごとに分けて
数種類の名刺を作っておくくらいのことをした方が無難です。

そして、資格を名刺に書くのではなく
セッションメニューとしてお客様にご提案すれば
「ああ、これもやってるんですね~^^♪」と
わかっていただけるので、オススメです。

「あれができなくても、これができなくても、
あなたは、ただ そこに居るだけでステキな人」

そう思えない不安を持ってしまったのは
過去からの影響です。

自信を持つための悪循環を断ち切ると
とても楽に生きることができます。

「資格取得依存」のワナではなく
楽しい人生のスキルアップができたらステキですね^^

。。と、エラそうに書いたところで
私も自分の名刺を確認してみました。

反省、しました^^; はい(笑)

大人は、何ごとも
スッキリしている方がステキかも知れませんね^^

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る