• たった2つのことさえ把握できればストレスは消すことができます 【前編】| ストレス解決方法 はコメントを受け付けていません。

たった2つのことさえ把握できればストレスは消すことができます 【前編】| ストレス解決方法

こんばんは。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

昨日は、夏至だったそうですね。

一年で一番日照時間が長い日、ということですが

毎年 梅雨どきに夏至の日があるので

空が曇っていて、ハッキリと実感できる年が少ないですね。

 

さて。

今日は、ストレスを消すためには、

たった2つのことが把握できればOKというお話しですが

今日の話は、ちょっとムズカシイと思いますので

 

ついて行けそうにない^^; 

疲れてるから面倒くさい記事はヤダ(x_x;)という方は

どうぞスルーしてください。

 

結論から先にお話すると

ストレスを消すために把握するべき、たった2つのことというのは

「根拠」「裏付け」です。

 

根拠と裏付けって、

なんだか刑事ドラマや弁護士さんの口グセみたいな印象がありますが

心理の世界でも、実は まったく同じことが考えられます。

 

あなたが、何かストレスを感じるときには

必ず、そう感じる「根拠」があります。

 

「なぜ、私は このことにストレスを感じるのか?」

「このことにストレスを感じる理由は何か?」

という具合に、あなたが直面したある現実に対して

ストレスを感じる、それがストレスだと思う原因となった「根拠」を

明確にすることが必要になってきます。

 

たとえば

「母親が、親として私に愛情を注いでくれなかったから」というのは

根拠ではなく、あなたの感想です。

 

「母親が、どんな言動をしたことによって、あなたはストレスと感じる体験をしたのか?」

「なぜ、あなたにとって、それがストレスだと感じられたのか?」

 

これが、「根拠」の考え方になります。

ここがストレスの発生する起点となる部分ですから

シッカリと確認をする必要があります。

 

この時、必要なこと、非常に大切なことは

「事実関係のみをフォーカスすること」です。

 

たとえば、

「母親から冷たい態度を取られた」というのは、あなたの感想なので事実ではありません。

その時に起きていた事象のみをフォーカスして考えます。

 

すると、事例として

「夕食の支度をしている母に、

今日 学校で友達グループから仲間はずれにされて傷付いた話をしようとしたら

『うるさいわね!ジャマしないで』と、母に振り返りもせずに怒鳴りつけられた。」

 

これが、あなたが受けたストレスのスタート。

その時、ストレスを感じた事象の現実、事実関係だったとします。

 

そして、その母親の態度に対して

あなたは、どのような感情を抱いたかを確認します。

 

「怖い」「寂しい」「悲しい」「落胆」「ショック」など

いろいろな感情を持ったかもしれません。

 

では、今度は

これらの感情は、なぜ起きてきたのか?を確認します。

 

すると

「自分の気持ちをわかって欲しかったのに、拒否された気がした」

「慰めて欲しかったのに、期待を裏切られたような気がした」

「やっぱり、母は私のことなんて、どうでもいいのだと思い知らされた」

などの考えが浮かんでくると思います。

 

そうしたら、次に

なぜ、今のこれらの考えが浮かんできたのか?を考えます。

「自分の気持ちをわかって欲しかったのに、拒否された気がした」

これは、なぜでしょう?

 

たとえば、

「娘が学校でイヤな思いをして来たのだから、母親は夕食の支度などやめて

真っ先に娘の言葉に耳を傾けるものだ、と期待していたのに

それをしてもらえなかったから」

 

だから、拒否された気がしたのだとします。

 

では、なぜ拒否されたと思ったのでしょうか?

 

「母親に怒鳴りつけられたから」

「夕食の支度をやめて話を聞いてくれなかったから」

「自分をジャマだと言われたから」などから

 

あなたは母親から拒否された気がしてストレスを感じた、とします。

 

だから、私はストレスを感じました。と説明ができますね。

 

ここまでが、おおざっぱな「根拠」の検証になります。

 

ストレスを感じたのはナゼか?

 

この根拠の見つけ方の簡単な方法は、

 

そのとき、起きたこと、事実だけを

映画の映像のように、心の中に流してみます。

 

そして、ストレスを感じた瞬間で、その映像をストップしてください。

 

その瞬間が、あなたのストレスの起点ポイントとなります。

 

ここで感じたことが、あなたのストレスの根拠となります。

 

 

ストレスの根拠とは

「なぜ、それをストレスに感じるのか?」をフォーカスして

その事実関係のみを検証することにあります。

 

 

。。。う~ん。ムズカシかったですかね(・_・;)?

 

ここまで話に、ついてこられた方は

引き続き、次の「裏付け」のお話しの記事をあわせて読んでみてください。

 

たぶん、この「根拠」と「裏付け」の検証が

一人でキッチリとできるようになれば

あなたは悩みやストレス、アダルトチルドレンから

自力で脱出することが可能になります。

 

では、次回の記事で、また(^^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る