お母さん、その心配って焦点がズレてませんか^^;?

こんばんは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

先日、あるイベントに お邪魔してきました。

ものすごい盛況ぶりで
私は、ある方とお話するために3時間半待ちました(笑)

すっごいですね。大人気でした。

雨がパラパラと降っていたので
会場のロビーで、そのまま本を読んで待っていたのですが
そこに居たお母さん同士の会話が聞こえてきて

「。。。(・。・;」と思いました。

小さな赤ちゃんに離乳食を食べさせながら
お母さん同士が会話していたのですが

ママA 「ウチの近所だとね、B中学になっちゃうのよ~。公立、そこしかなくてね~」

ママB 「そっか~。でも、いいよね~。ウチの近所なんて公立ムリだもん」

ママA 「私立Cとか、私立Yとか、いろいろあるけどさ~。ウチの子だとね~」

ママB 「そうなのかな~~(笑)」

まあ、他愛のない世間話なのですが

「お母さん、なんとなく話の焦点がズレてないか?」と

私は、勝手に思ってしまったのです。

親の希望した学校に、子供が行けるかどうかより

親が子供に何を望むかより

子供が将来に、どう夢を持てるか

その夢のために、応援できる基盤を作るのが

親の役割ではないのかね^^;?と。。。

この会話の流れが

「親の希望が叶うことが子供の幸せ」という

妙な図式になってる気がする~~と思うのは

私だけ~~~なのかな~~(*_*)??

何も知らずに、離乳食をハムハム食べていた

あの、あどけないボクちゃんの将来に

ふと、一抹の心配を持ってしまった

思いっ切り、よけいな おせっかいオバサンだったワタクシでした。。

(もちろん、黙って読みかけの本を読んでいましたがww)

。。耳だけ、ダンボでした (表現が昭和でゴメンナサイ^^;)

親なんて、、、!!!って思っていても

いざ、自分が親になってみると

似たようなことを

考えたりしたりしてしまうっていうのは

親という生きものの性(さが)なのでしょうか。。。

う~~~ん(´・ω・`)

では、また(^_^)/~

・ 認知行動療法セッションが効果的な方・

アダルトチルドレン、うつ病、対人恐怖症、人間不信

パニック障害、PTSD、引きこもり、不登校、トラウマ毒親、毒母、母娘問題 など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る