「自己肯定感が低い」という言葉におどらされないようにしましょう|アダルトチルドレン

ごきげんいかがですか。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

すっかり、冷えてきましたね。

街中は、いつのまにかクリスマスの飾り付けが始まっていました^^

 

さて。

あなたは、自分で自分のことを「自己肯定感が低い」と悲観していませんか?

 

今日は、

「自己肯定感が低い」という言葉におどらされないようにしましょう

というお話しをしてみたいと思います。

 

アダルトチルドレン関係の本を読むと、

「自己肯定感が低い」という言葉が、お約束のように出てきます。

 

この「自己肯定感が低い」という言葉。

単純に考えると、「自分で自分にYESと言えない人」ということですが

「自己肯定感」というのは、その時その時の状況によって基準が違います。

 

自己肯定感が強い人は、空気が読めない、はた迷惑な人と

言い換えることもできますし、

 

自己肯定感が低い、ということは

相手の気持ちを、忖度(そんたく)する能力に長けている人、と

考えることもできます。

 

また、ちょっと違う見かたをすると

「私、自己肯定感が低いんです!」と言っている人は

ちゃんと、自分で自分にYESと言えていますよね?

 

「私、自己肯定感が低い人間です!!」って

きっぱりと、言い切っているじゃありませんか(^◇^;)

 

、、まあ、冗談は置いておくとして。。

 

 

アダルトチルドレンで悩んでいる人に注意して欲しいのは

「物ごとの受け取り方、感じ方のクセを、自分の人格だと思い込まないこと」

 

あなたは、生まれたときは真っさらな状態でした。

でも、いろいろな経験を積み重ねる中で

あなた独自の、ものの感じ方や受け取り方が身につきました。

 

それは、あなたが生きてきた環境からの影響や

それに関わった人達の影響によるものです。

 

あなたは、自分で何かを考えるときに、

まず、自分を卑下したり、責めたりする「心のクセ」がついています。

 

それは、過去の環境や生育歴から来ています。

 

でも、

 

「心のクセ」=「自己肯定感が低いあなた」 

 

では ありません。

 

 

 

つい、いつの間にか

「自分を卑下する方向に考えてしまう『心のクセ』がある」

 

それだけです。

 

 

 

あなたは、まったく「自己肯定感が低い人」ではありません。

 

そういう「考え方のクセ」を持っているだけです。

 

それを、まず覚えておいてください。

 

 

そして、自分を責めることが、とても得意なので

自分と向き合って、自分を見つめることが、非常にヘタです。

 

ちょっと考え始めると、

「ああ、やっぱり私、自己肯定感が低いアダルトチルドレンだから、、」と

凹んで折れてしまします。

 

ツライよ~~、寂しいよ~~、悲しいよ~~と

暗い気持ちになってしまって

それ以上、考えたくなくなってしまいます。

 

アダルトチルドレンの人にとって、

自分と向き合う、自分を見つめ直す作業というのは

ただの拷問になってしまう場合があります。

 

それは、自分と向き合う前のステップを省いて

いきなり自分と向き合って、過去の自分を見つめてしまっているからです。

 

アダルトチルドレンの悩みを解消するためには

絶対に省くことのできない順番があります。

 

 

そのステップを省いている間は、

たぶん回復はムズカシイと思います。

 

現実に、私が そうでしたから。

 

 

早く良くなりたい、楽になりたいからといって

いきなり、先のステップに手を出しても

心の状態を悪化させてしまうだけなのです。

 

 

アダルトチルドレンの方で、内観療法や自己ワークなどで失敗して

かえって自信を失って状態を悪化させてしまうケースが多いのは

この大切なステップを知らずに、省いてしまっていることに原因があります。

 

 

水がコワくて泳げない子を、いきなり海に投げ込んで

「岸まで、がんばって泳いでごらん!」と

言っているようなものです。

 

 

水がコワくて泳げない子には、

まず 洗面器に張った水に顔をつけることから

 

プールで指導者に手をとってもらいながら、

バタ足などの練習から始めるのが、

 

安心で確実な順番、というのは

なんとなく、あなたにもわかりますね?

 

いきなり海に投げ込んだら、

もしかしたら必死で泳ぎ切るかもしれませんが

たいていは、途中で溺れてしまいます。

 

 

心の回復、アダルトチルドレンの回復には

順番があります。

 

「海に飛び込んでも大丈夫な浮き輪をください!」

カウンセリングにアドバイスを求めてくる方は、

皆さん、このような心理なのですが

 

浮き輪を渡すのは容易いことですが

 

それだと あなたは、浮き輪なしだと

永遠に溺れてしまうということですよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心の回復は、時間がかかっても

焦らないことが大切です。

 

 

覚えておいてくださいね^^

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    心のクセ=自己肯定感が低い
    では無いのですね。
    私は自己肯定感がすごく低いと、
    心理テストか何かで言われました。
    何度も。
    自覚もしてます。
    ストレングスファインダーというのでは
    ポジティブという資質がすべての中で最下位。
    自分とはこんなもんだなと思い込んでました。
    性格心の癖と。
    アダルトチルドレンだと自分でも思っていました。
    でもこの記事を読んですごく勇気と希望が持てました。
    私にとっては救いの記事、希望の記事です。
    他の記事もこれから読ませて頂きます。
    いい記事ありがとうございました!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >次世代の行動する組織構築コーチ・コンサル 植松たけしさん
    コメントありがとうございます。
    ストレングスファインダーなどの心理傾向パターンのテストは
    その人の持つ本質として捉えられる傾向がありますが、本人の意識が変わると結果も変化します。
    人間の心は、諸行無常。 
    常に変化を繰り返し、同じところに留まることはありません。
    なりたい自分、ありたい自分でいることは、必ず選べます。
    希望を持ってくださいね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る