「性格診断」が好きな人は要注意!| アダルトチルドレン カウンセリング

ごきげんいかがですか。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

年末を意識しはじめる時期になると、

「あなたの来年の運勢!!」なんていう占いの広告が、

いろいろと目に入ってくるようになりますね。

 

そして、インターネットで調べ物をしていたりすると

「あなたの◎◎診断」とか、性格診断の広告が目に入って

ついつい、クリックしてしまうこと

あなたは、ありませんか?

 

 

占いや性格診断、面白いですよね。

 

私も、自分で やってみて

 

「へ~~~(^◇^;)」と、ビックリしたりしています。

 

 

さて。

そういう遊び感覚で性格診断を利用するのなら良いのですが

その診断結果で、深刻に悩んでしまう方が、けっこう多いのです。

 

今日は、そういう方のために

「性格診断」が好きな人は要注意!というお話しをしてみたいと思います。

 

 

世の中には、実に さまざまな性格分析の種類があります。

ストレングスファインダーやエニアグラムなど、

コーチングや心理関連の指導・アドバイスを受ける際に

実際に、診断を受けた方や、自分で行った方もあると思います。

 

その結果、いかがでしたか?

 

思った通りでしたか? 意外でしたか?

 

 

ここで、最も注意して欲しいことは、

「性格診断は、あなたをラベリングするための道具ではない」

ということです。

 

 

確かに、そうしたデータに基づく診断を

心理傾向や、現在のあなたの思考傾向を知るために利用するのは、

心理・診療のためにも、非常に有効です。

 

でも、残念ながら、人の心理状態・心の中というものは

常に一定ではないのです。

 

例えば、診断を受けたときにリストラの不安に晒されていたら

それを軸にして思考が動くことは、わかりますね?

 

失恋した直後に、結婚についての意識調査や診断を受ければ

どうしたって、失恋した状態が、診断結果に影響をします。

 

つまり、性格診断や検査というものは

「あなたの人格をラベリングするため」のものではなく

「今、現在、あなたは、どのような考え方をし易い状態になっているか」

視覚化する作業なのです。

 

ですから、失恋した直後に受けた診断結果で

「あなたは、結婚生活に否定的な意識を持っている」という結果を見て

「やっぱり、私は そういう性格だから失恋したのだ」と思うのではなく

 

「やっぱり、私は 自分の思考が失恋に影響を受けているのだ」と

自分の心の現状を知るためのツールとして利用するのが

本来の正しい利用の方法です。

 

その結果を見て、

「だから、やっぱり私は結婚できないんだ!」と思うのではなく

「思っていたより結婚ということを意識していた自分がいたことが失恋でわかった」と

失恋のために結婚という現実を、改めて意識した自分がいたことを

確認できた、と そういうことになります。

 

そして、そういう自分がいたことを知り、

では、どうした良いのだろうか?と、

これから自分が向かう方向や思考性を考えるのが

心理カウンセリングで考える、性格診断・検査、です。

 

 

 

 

話が、ややこしくて、わかりにくいですか?

 

ここまで、大丈夫ですか?

 

 

続けますね。

 

 

 

 

アダルトチルドレンの場合は、特に注意が必要です。

 

それは、アダルトチルドレンの人は、

人一倍、自分をラベリングするのが得意だからです。

 

自分で自分にレッテルを貼るのが得意です。

 

「自己肯定感が低い」

「ネガティブ」

「対人恐怖症だ」 などなど。

 

「私は、こういう人間だから、ダメなんです」と

自分に自分が見つけたラベルやレッテルを貼って

そこにいることに、意外と満足していたり、安心していたりします。

 

それは、それ以外に、

「自分の価値や存在意味を判断できる基準がない」から。

 

とりあえず、まずは そこに居て、落ち着いていたいのです。

 

なぜなら、ずっと不安で不安定だから。

どんなに居心地の悪い、レッテルを貼った、みっともない自分の立ち位置でも

自分の居場所が、とりあえず確保できることに

アダルトチルドレンは、とにかく安心したいのです。

 

それは、ひと言で言うと

「アダルトチルドレンは、本当の心の居場所がないから」

 

不安なのです。

 

とても。

 

 

どんなに居心地の悪い場所でも、自分の居場所があることで

 

とりあえず、自分を落ち着かせていたいのです。

 

 

 

不安、なんですよね。。

 

 

 

 

 

 

 

そんな不安な気持ち、あなたにも手放すことができます。

 

 

その方法は、コチラでお伝えしています。

 

どうぞ、一週間ためしてみてください。

 

読後の、ご質問やご感想をお寄せください。

 

ブログの中で、お答えしていきたいと思います。

 

 

あなたからのご質問・ご感想をお待ちしています。

 

 

 

関連記事

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ストレングスファインダーはコーチングの勉強をし始めてやりました。
    エニアグラムは仕事で行き詰り、転職を考えたときやりました。
    どちらも思った通りでした。
    私はラベリングがすごく好きなんだなと、
    この記事を読んでいて思いました。
    自己効力感が低い
    マイナス思考
    小心者
    人見知り
    臆病
    書ききれないぐらいです。
    不安で本当の心の居場所がないから安心したいというのはピッタリです。
    私は楽になりたいという言葉をよく使います。
    組織に縛られるのが嫌だから…
    不安だからというほうがピッタリかな。
    だから、起業しようとしています。
    正解かどうかはわかりませんが。
    とても為になる記事、
    毎日楽しみにしています。
    勉強になりました。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >次世代の行動する組織構築コーチ・コンサル 植松たけしさん
    コメントありがとうございます。
    楽になりたいという言葉をよく使われるとのこと。
    心の奥底に、何かご自身でも気づいておられないトラウマをお持ちなのかもしれませんね。
    コーチングや自己啓発は、それらのトラウマを適切にケアされてから望まれた方が効果的かもしれません。
    人は、個々の心の中に抱えているトラウマからの影響を受け易いものです。
    それが解消できると楽になれると思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る