• 「問題解決型」と「傾聴中心型」アダルトチルドレンが早く治るのは、どっち? はコメントを受け付けていません。

「問題解決型」と「傾聴中心型」アダルトチルドレンが早く治るのは、どっち?

 

 

先日、ご案内した

3月11日の低額カウンセリングは

満席のため受付終了いたしました。

 

通常 初回90分18,000円、

継続90分10,000円の

個人カウンセリングを

5,000円で受けられる

お得なカウンセリングです。

 

こちらは、施設利用の都合で

サロン指定日のみの開催です。

 

次回は、4月に開催します。

ご案内は4月1日のメルマガをご覧ください。

 

さて 今日は、

「問題解決型」と「傾聴中心型」

アダルトチルドレンが早く治るのは、どっち?

 

これについて、お話ししますね。

 

あなたには、

悩みを聞いてくれる人が

何人くらいいますか?

 

その人たちとは、

月に何回くらい会っていますか?

週に何回くらい連絡をしていますか?

 

「せいぜい、年に1〜2回」

「ほぼ、ゼロ」

「そんな人、いません!」

 

そういう方は、

「傾聴中心型」のカウンセリングから

入った方が良いです。

 

「傾聴中心型」というのは

とにかく あなたの

気持ちを聞いてもらうことが中心です。

 

効果は、ホッとしてスッキリします。

自分の気持ちが解放された安堵感と

 

「甘えてんじゃない!」と

言われ続けてきた あなたの心が

やっと素直に楽になれたことを

落ち着いて実感できます。

 

「人に受け入れられること」

「人から理解されること」

 

それを手に入れられるのが

「傾聴中心型」といいます。

 

「傾聴」というのは文字通り

「心の声に耳を傾けて聴いてもらうこと」です。

 

一方、「問題解決型」というのは

具体的な問題について、

どうしたら解決できるのか

それについて

考えていくカウンセリングです。

 

この「問題解決型」は、

とても短期で終えることができます。

 

その理由は、

「自分のことが自分で理解できていないと

できないカウンセリングだから」です。

 

具体的には、自分の気持ちが

どうして、そうなるのかがわかっている人。

 

例えば、

「自分がつらいのは親が悪い!」という

その部分に固着しているのではなく

 

「親からのどういう影響で、

自分は、つらいという経験を

繰り返してきたのか?」

 

そして、「その結果、現在

自分は、どのようになっているのか?

今でも問題だと感じているのは何か?」

 

それが自分で把握できていないと

「問題解決型」のカウンセリングはできません。

 

。。といっても難しいですよね^^;?

 

では、もっと簡単にいいましょう。

 

あなたは、今

ものすごくギューギューに

いろんなものが押し込まれた

古い冷蔵庫の前にいます。

 

お腹が空いたので、

その冷蔵庫の中身で

何か料理を作らなければなりません。

 

でも、ものすごく いろんなものが

ギューギューに入っているのはわかるけど

何がどのくらい入っていて、

それが、どんな状態で、

 

それは、いつ頃買ってきたもので

何から先に料理して食べたらいいのか

全く見当もつかないで

 

冷蔵庫の前で、

途方にくれているとしましょう。

 

作りたいと、

なんとなく考えている料理のために

材料の何が足りなくて、

何が多すぎて、何が腐りかけているのか。

 

どれを捨てて、何を使って料理するか?

本当に、今作ろうと思っている料理は

この冷蔵庫の中身で作れるのか?

 

それが、全然わからないで

「どうしたらいいか、わからない」

そう思っているのが、

今のあなただとしたら

 

まず、最初にすることは

「冷蔵庫のドアを開けて、

中身を確認しながら、整理して

何が、どのくらい、

どんな状態で入っているのか?」

 

それを最初に確認しなければ

ならないですね?

 

それが、「傾聴」にあたります。

 

心の中にある、

わけのわからない

ぐちゃぐちゃなものを、

「カウンセラーに話す」という作業で

 

心の中を確認しながら、整理して

冷蔵庫の中を綺麗に整頓することが

最初にしていくことになります。

 

そして、冷蔵庫の中で

痛んでいる食材があったとしたら

「どうして、それが痛んでいたのか?」

その原因を確認します。

 

冷蔵庫の温度が悪かったのか、

もともと古かったのか、

賞味期限が短かったのか、

「原因」を確認します。

 

「冷蔵庫を、お母さんが勝手に開けたから!」ではなく

「お母さんが勝手に冷蔵庫を開けた時

何が起きたから、中の食材が腐ったのか?」

それを確認します。

 

それが、「傾聴型」のカウンセリングです。

 

これに対して、「問題解決型」の場合は

すでに冷蔵庫の中身の状態は

自分でわかっていて、

 

何が、どのくらい、どのような状態で

冷蔵庫の中にあるかが

わかっている状態です。

 

あとは、足りない食材は何か?

それを足さなければ、

作りたい料理が作れないのか?

 

その材料がなくても

作りたい料理を作る方法はないのか?

 

その材料が入っていなければ

あなたは、

その料理に満足できないのか?

 

そもそも あなたは、

その料理を本当に食べたかったのか?

 

それを考えながら解決していくのが

「問題解決型」のカウンセリングです。

 

 

私のサロンにカウンセリングに来る方で

いきなり「問題解決型」のカウンセリングに

入ることができる方は、本当に稀にです。

 

いきなり「問題解決型」のカウンセリングが

できる人は、

自分の本当の気持ちを聞いてくれる人が

たくさんいる場合が多いです。

 

カウンセリング以外の場所で

カウンセリングと同じように

「傾聴」をしてもらえている人。

 

自分の気持ちを聞いてもらえている人です。

 

では、

「問題解決型」と「傾聴中心型」

アダルトチルドレンが早く治るのは、どっち?

 

答えは、「問題解決型」です。

 

理由は「問題解決型」の

カウンセリングができる人は

もう「傾聴中心型」のカウンセリングを

卒業できた人だから。

 

どんなに

「問題解決型」のカウンセリングをしても

「傾聴」が十分に済んでいない人は

まったく先に進めません。

 

ずっと、「わかって欲しい!」

「今日の気持ちを聞いて欲しい!」

「こんなに困っている私を見て!」

 

そこから動けずに、カウンセリングの間

ずっと何時間も、

ただ 気持ちと出来事の話をして

お帰りになることが、ほとんどです。

 

アダルトチルドレンというのは

トラウマの一種です。

 

アダルトチルドレンというトラウマは、

とことん話を聞いてもらって

安心できたと思えるまで、

 

その過程から自分が得たことを

信用できるようになるまで

「問題解決型」カウンセリングに

入っても、問題を解決できず

ずっと、ウロウロしています。

 

「何が問題か」

わかっていないから。

 

私のサロンの「問題解決型」なら、

1Day集中カウンセリングがあります。

短期3ヶ月集中カウンセリングもあります。

 

これに入るためには、

その前に「傾聴」をしておかないと

お金も時間も無駄になってしまいます。

 

アダルトチルドレンにとって

必要なのは、まず「傾聴」です。

 

正体不明の冷蔵庫の中身を

キチンと整理整頓してから

料理のレシピを検討をする。

 

それが、カウンセリングの順番です。

 

アダルトチルドレンから

早く抜け出したいのなら

 

ゆっくり時間をかけて傾聴してくれる、

話を聞いてくれるカウンセラーを

見つけることが一番良いと思います。

 

一番相性の良いカウンセラーを

見つけてくださいね。

 

関連記事

おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る