「君が好きなように不妊治療を受けていいよ」という夫が優しいと勘違いしていませんか?

こんばんは。
心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

「君が好きなように不妊治療を受けていいよ」という夫を、
あなたは優しい夫だと勘違いしていませんか?

いきなりな質問ですが、ちょっと考えてみましょう。

子供は、一人では作れません。

物理的には、夫は不妊治療には
どんなに参加したいと思っていても、ほとんど参加することはできません。

健康管理に注意して
新鮮なイキの良い精子を提供してもらうこと以外
生殖医療的には、何の協力もできない存在なのかもしれません。

この、「君が好きなように不妊治療を受けていいよ」という
夫の心の中を考えてみましょう。

そんなに子供が欲しいのなら、できるだけ協力するから、
妻の気が済むように不妊治療を受けて欲しい

一見、とても協力的で、優しい旦那様に感じられます。

でも、ここに落とし穴があります。

何だと思いますか?

「当事者感がない」


そう思いませんか?

実際、不妊治療がスタートすると、病院へ通うのは
ほとんどが妻になります。

妻は、会社でのスケジュールを調整したり、複雑な人間関係のストレスに晒されながら
必死で時間を作って、治療に通い続けます。

それには、終わりが見えません。

治療や薬の副作用で、体調が悪くなり
思うように仕事ができなかったり、家事ができなかったり
さまざまな心身のストレスが蓄積していきます。

そんな中で、「君が好きなように不妊治療を受けていいよ」という
当事者感のない夫に対して、
あなたは次第に、夫婦間での治療に対する気持ちの温度差
孤独感寂しさを感じ始めることになるかもしれません。

そして、さらに飛躍した考え方をすると
無事、治療が成功して挙児にいたった場合、
赤ちゃんを授かった場合も、

「君が好きなように育児をしていいよ」というセリフになるかもしれません。

産休取って育児するのは、妻。
保育園を探すのも、妻。
育児は、妻。
だって、子供欲しいって言ってたでしょ?

子供は、一人では作れません。

妊活・育児は、夫婦というユニット内での共同作業なのです。

これから、不妊治療をと考えておられる方は、
まず、夫婦間での妊活に対する意識の確認をしておくこと
強くオススメします。

そして、既に 治療を開始している方は、
あなたの今の気持ちや、現在の治療の進捗状況を
ご主人に、わかりやすく説明してあげてください。

ツラくて、つい ご主人を責めるような口調になってしまったり
「そんなにツライなら、もうやめたら?」という言葉がコワイ場合は、
夫婦で一緒に病院へ行って、現在の治療の進捗状況を
担当医から、ご主人に説明してもらってみてください。

男性は、データや権威者・知識者の発言には
比較的に抵抗なく、耳を傾ける習性があります。

もしかしたら、あなたが涙ながらに訴えるより、です。

不妊治療の、一番の解決方法。

「絶対に、あなた一人で全部を抱え込まないこと!!」

これに注意してみてくださいね (^-^)ノ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る