「あの人って◯◯な人だよね」と決めつけられることへの恐怖感 | アダルトチルドレン 対人関係

こんばんは。

心理カウンセラーの加納由絵(かのうよしえ)です。

 

「あの人って◯◯な人だよね」と決めつけられることへの恐怖感 について。

 

私は、公的な場所などでの自己紹介の際には

「はじめまして。加納由絵と申します。

アダルトチルドレンや不妊治療で悩んでおられる方の

心のケアやサポートをする心理カウンセラーをしています」

と、自己紹介をするのが定番となっています。

 

オフィシャルな場であれば、お互いの職種での交流となりますから

特に違和感を感じることはないのですが

それが、そっくりプライベートな場所にも引っ張られることは、多々あります。

 

プライベートなシーンでも「カウンセラーの加納さん」としてしか

接してもらえない、という居心地の悪さです。

 

例えば、都内でスマホの電波の受信環境が悪いので

ビルの通路側ではなく窓側の電波の入りやすい場所に座っていると

「ああ、やっぱりカウンセラーさんだから、緊急の連絡が入るのに備えるのですか~」

と言われたり、

カウンセラーさんだから、お忙しいんでしょ~」と言われたり、

相手の方がカウンセラーという職種に対して抱いているイメージで

勝手に私の行動や発言まで判断されてしまったり

決めつけられてしまったりという、

そんな なんとも言えない居心地の悪さです。

 

クライエントさんから、携帯に緊急連絡が入るハズはありませんし

カウンセラーだから忙しいということはなく、

仕事をしていたら、誰でも それなりに忙しいワケです。

 

「カウンセラーだから」「カウンセラーという人」という

イメージや勝手な思い込みで、自分を決め付けられて

判断されてしまい

 

その相手の方のイメージにあわないと

批難されたり批判されてしまうという、、、

 

まいったな~( ̄_ ̄ i) という状態になってしまうことは、しょっちゅうです(笑)

 

さて。私の例が長くなってしまいましたがww

あなたにも、似たような経験が、たくさんあるのではないでしょうか?

 

職種や肩書だけで、相手の勝手な一方的な思い込みで判断されたり

それにあわない反応をすると「え!なんで゛(`ヘ´#)?」と

相手の人から勝手に怒られたり、嫌われたりしてしまうこと。

 

人は、相手に対して自分を真っ白な状態にして接していません。

「自分の先入観ありき」で、相手とコミュニケーションを取っています。

 

例えば、

「オバサンって、どうして いっつも。。。」とか

「子連れのママってさ~、たいてい。。。」とか

「就活の担当者って、だいたいさ。。」とか

「最近の塾の先生って。。。」とか、ですね。

 

ですから、お互いの相手に対しての先入観が食い違うと

「え?こんな人だったの?」と勝手に失望されたり

「へ~、◯◯さんて意外と☓☓な人なんだね~」と言われたり。

 

「意外と、☓☓な人なんだね~」という言葉の意味。

この「意外と」ということの意味は

「私は、そういう先入観であなたに接してました」ということですよね?

 

つまり、あなたの本当の姿、本物のあなたを全然見ていなかった

感じようとしていなかった、ということになります。

 

アダルトチルドレンの悩みを持っている人が

こういう場面、こういうシーンに遭遇すると

「自分は、嫌われているかもしれない」

「怒らせてしまったかもしれない」

「相手に不快感を与えてしまったかもしれない」という

不安や恐怖感を覚えます。

 

そして、やっぱり本当の自分を見てくれようとしなかった相手の人に

失望したり、落胆したり、ショックを受けたりするのと同時に

どんどんと人と関わることに臆病になっていってしまいます。

 

「人って、自分の先入観やうわっつらでしか相手を見ない」ということに

悲しくなったり

「そういうことに注意しながら、傷ついても無理してガンバって

お付き合いを続けなきゃ」などど

自分を追い込んでいるうちに

 

人と接すること自体がイヤになってしまい

あげく、仕事が長続きしなかったり

恋愛が長続きしなかったり、

ママ友の顔を思い出しただけで頭痛がしてきたり、という

「社交不安」に陥ってしまっていくのです。

 

「相手の期待に、こたえなきゃ。o゚(p´⌒`q)゚o。 」

 

あなたは、そんな不安で胸がいっぱいになっていませんか?

 

これは、アダルトチルドレンの悩みを持っている人なら

ごく自然に起こる反応なのです。

一種の条件反射ですね。

だから、あなたは悩んでいるワケですから。

 

それでは、この不安を解消して

「対人不安」「社交不安」を緩和する方法は、どうしたら良いのですか?というと

 

まず、第一に

「なぜ、そういう不安を持つようになったのかの原因エピソードを思い出す」こと。

そして、第二に

「今、目の前にある現実と、その原因エピソードとの類似点と相違点を探す」こと。

 

と、なります。

 

 

え? 原因エピソード(´・ω・`)?  類似点と相違点(x_x;)?

 

わけわかんないし~~(´□`)という方もあると思います^^

 

そのあたりは、認知行動療法での「認知再構成法」などを混じえて

体験カウンセリングなどの際にお伝えしています。

 

よろしかったら、ご活用くださいね^^

 

*体験カウンセリング 6月のご案内@千葉

*体験カウンセリング 6月のご案内@東京

*体験カウンセリングのご案内@電話(無料)

 

 

 

&nbsp
;

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ ピアサポート・ピアカウンセリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ

アダルトチルドレン*メールカウンセリング

ページ上部へ戻る